【事件】吉沢悟の顔と恐喝ユーチューブ動画は?カラオケ店員恐喝がウケると思っていたユーチューバー

恐喝を面白がるユーチューバーだったようです。

逮捕されたのは吉沢悟容疑者(32)。足立区のカラオケ店で料金の支払いの際、アルバイト店員の男性に2万円支払う必要があるところ5千円しか支払わなかったようです。しかもその恐喝はユーチューブに投稿していたようで。。その吉沢悟容疑者のユーチューブ動画とは…詳細を見ていきましょう。



事件概要

2017年9月に事件は起きてしまいました。

カラオケ店の店員を脅した疑いで、ユーチューバーの男が逮捕されました。犯行の様子の動画は「YouTube」に投稿されていました。

 恐喝の疑いで逮捕されたのは、東京・足立区に住む無職・吉沢悟容疑者(32)で、去年9月、足立区のカラオケ店で料金の支払いの際、アルバイト店員の男性(21)に対し「ふざけるな、詐欺だろうが」などと脅した疑いが持たれています。吉沢容疑者は本来、およそ2万円を支払うべきところ、5000円しか払わずに立ち去ったということです。

 吉沢容疑者は、動画サイト「YouTube」などに動画を投稿するいわゆるユーチューバーで、当時、一緒にいたユーチューバー仲間が吉沢容疑者が店員を脅す様子を撮影し、別の動画サイトにライブ配信したほか、この動画は「YouTube」にも投稿されていました。取り調べに対し、吉沢容疑者は容疑を否認しています。

出典;TBS

犯行現場の場所

犯行現場はカラオケの達人竹ノ塚店です。

報道で公開された現場写真はこちら。

地図はこちらになります。

竹ノ塚という土地柄的に、あまり上品なイメージはないのですガラが悪い人の対応をしなくてはなたないときも店員さんはこれまでにあったかもしれませんが、まさか2万円の正規代金を、いちゃもんをつけて支払わないという客がでてくるのはなかなか無かったのではないでしょうか。



吉沢悟の顔やSNSなど詳細

名前:吉沢悟
年齢:32才
住所:東京足立区
職業:無職(ユーチューバー)

報道で公開された吉沢悟容疑者の顔写真はこちら。

SNS情報(facebook,twitter,instagram)の調査結果、Facebookアカウントで同姓同名のものが見つかったのですが、情報が少なかったため特定にはいたりませんでした。

Facebookアカウントの検索結果

もしSNSアカウントがあれば、吉沢悟容疑者の作成した動画紹介の投稿があったかもしれませんね。

追記:twitterアカウントを特定

吉沢悟容疑者は「世界の爆音よしお」というアカウント名を使っていたことが判明。

こちらが「世界の爆音よしお」のtwitterです。

追記:動画配信サービス「ふわっち」特定

「ふわっち」という動画配信サービスを使っていたようです。

アイコンの顔画像も吉沢悟容疑者と一致していることから特定しました。

恐喝ユーチューブ動画

動画は別の動画投稿サイト「ユーチューブ」にも転載され、視聴者からの批判的なコメントが殺到する「炎上」状態に。

sankeiより引用

動画は批判の炎上の嵐だったようです。

今回、事件を起こした際の動画がYoutube上にまだ残っているかどうか調べてみました。

「カラオケ」「脅す」「店員」で検索結果、該当するものはありませんでした。

Youtubeの規約で、不健全なものの掲載は禁止されているので、まずYoutubeに目をつけられてアウトになるでしょうし、そもそも法を冒しているのですから、見た視聴者が通報してもおかしくはありません。

追記:吉沢悟容疑者の他の動画内容も攻撃的

吉沢悟容疑者のユーチューバーとしてUPしていた動画は攻撃的なものが多かったといいます。

動画の配信者同士で喧嘩しあうような放送内容もあったようです。

ユーチューバー仲間の中には、彼から本名を聞いていた人物もいるようですが、聞いていた本名と、今回報道された名前が別の名前らしいです。

この事から、普段から偽名を使っていた可能性も浮上しています。

というのも、世界の爆音よしおは過去に2回逮捕されたことを、一部の人間に話していたようで、このことをネット上で特定されないために、名前を隠した可能性もあります。 

飲み放題プランだと言い張った容疑者

「怒鳴りはしたが、代金は支払った」などと容疑を否認している。

「話が違う。飲み放題って言ったよな」などと言って脅し、料金2万円のうち5千円しか支払わなかったとしている。

sankeiより引用

どうやら飲み放題プランのつもりで気分良く注文していたら会計時に飲み放題プランでないことが判明したようです。

確かに飲み放題プランのつもりだったのにそうでなかったとしたら、会計時に驚いてしまうのは無理がないかもしれません。

ただ、仮に飲み放題プランかどうかでもめたとしても警察をよんで介入してもらうなど、措置をとるべきではないでしょうか。

今回の事件は、一方的に自分の主張だけ述べ、相手の提示を聞かず、そのまま帰ってしまっただけでなく、あまつさえ動画に投稿して同情の余地をなくしてしまい、自分の首を大きくしめたことが逮捕につながったのだと思います。

ネットの反応

匿名
警察はユーチューブを監視してたらいくらでも犯罪検挙率をあげられます
匿名
容疑否認してるけど、自分たちの撮った動画が払ってない証拠になるんじゃないの?笑
匿名
目立ちたかったんでしょう
匿名
自分の子供がこういう人間にならなかっただけでも、子育てちゃんとできたなって思えるわ。よかった~
匿名
踏み倒しは良くないが、カラオケ店の料金体系がわかりにくいのも事実と思う。
匿名
自分は強いというのを見せ付けたいのか知らんけど中継すりゃ録画されてる可能性あるから証拠になるよね
匿名
「月曜から夜ふかし」でよく取り上げられる「足立区」
匿名
恐喝生中継→炎上→動画拡散→逮捕。 小学生でもわかる方程式。
匿名
足立、無職、ユーチューバーって…

考察

ユーチューブの投稿は個人のモラルに委ねられています。

とにかく視聴者を集めて有名になり稼ぎたいと思うユーチューバーが、奇想天外なことをしたいと思う風潮があるようですが、法にふれてまで注目を集めたいと思うのはいかがなものかと思われます。

最近も、ハチ公の前でバニーガールの格好をした女子高生が、フリーハグならぬフリーおっぱいというキャッチコピーをかかげ、無料でおっぱいを触らせるという動画をとり書類送検されれるという事件を目にしたばかり。

女子高生のフリーおっぱいの記事はこちら↓↓↓↓

「ユーチューバー」は小学生が将来なりたいものランキングに10位いないにはいる職業になったいま、動画は成人だけでなく、小さな子供にまで影響をあたえることを今一度考えてみてほしいですね。

今注目の職業がネタのために法を冒したというショッキングな事件なだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。



/* i2iの解析コード  */