【迷惑】女性専用車両に男性乗り込みトラブル!男「これは権利だ」→12分遅延

女性専用車両

女性専用車両での呆れたトラブルです。

東京メトロ千代田線にて、男性数人が女性専用車両に意図的に乗り込み、揉めに揉めて通勤ラッシュ時に12分も遅延が…男性たちはなぜそんな暴挙にでたのでしょうか…



事件概要

千代田線 国会議事堂前

事件は2月16日、午前8時30分ごろ、通勤ラッシュの最中に起こりました。

場所は東京メトロ・千代田線の「国会議事堂前駅」。

東京メトロ・千代田線の国会議事堂前駅で2月16日午前8時38分ごろ、停車中の女性専用車両に男性数人が乗車してトラブルとなり、電車が12分遅延した。

今回の一件との関連は不明だが、「女性専用車両」に反対する男性が、あえて女性専用車両に乗り込んでトラブルになるケースは以前から一部で起きている。ネット上には、2月16日に男性が女性専用車両に乗れるか確認すると宣言しているグループもあった。 

公式サイトによると、東京メトロは、「痴漢をはじめとする迷惑行為の抑止」などの理由で女性専用車両を導入。駅では「女性専用車は、女性のお客様のほか、小学生以下のお客様、おからだの不自由なお客様とその介護者の方も乗車できます」と掲示している。

東京メトロ広報によると、「女性専用車両のルールには法的強制力はなく、このルールでお願いしますとご理解を求めているもの」だという。千代田線では、朝7時10分に代々木上原/綾瀬を出発する列車から、午前9時30分まで実施している。

huffpostより引用

なんと、「これは権利だ、俺たちは降りないぞ」と言い張って12分も揉めたというのです!

動機がまた驚きでした…

女性専用車両に乗り込んだ理由が迷惑すぎる

女性専用車両

報道によると、事件前、「2月16日に女性専用車両に男性が乗れるかどうかの実験をする」とネットで予告をしているグループがあったと記載されており、おそらく今回騒ぎを起こした男たちは同一人物とみられます。

確かに女性専用車両の「女性専用」というのは法律では縛られておらず、あくまで「ご協力ください」といった理解を求めるものですが、男性が乗れるかどうかの実験という好奇心だけで東京の通勤ラッシュの電車を止めるには、多くの迷惑をかけすぎではないでしょうか。

もし男性の権利を主張したいのであれば、たとえば署名活動をするなど、人に迷惑がかからない大人のやりかたがあると思われます。

「法的に縛られていないのだから女性に協力などしない!」と権利をふりかざしてふんぞり返ることが、大人の男性としてかっこいいことだとはとても思えません。



女性専用車両と同様、「男性専用車両」は必要か?

女性専用車両にうっかり乗ってしまった男性が肩身の狭い思いをする、といった意見をよく目にします。

女性は密着した電車内で性被害にあいやすいため、それに配慮されて作られた女性専用車両ですが、男性も痴漢に間違われたら人生を棒に振るという悩みがあります。

であれば、いっそ痴漢に間違われないよう男性専用車両に乗りたいという男性もいるかもしれませんね。

ネット上では今回の事件を受けて、男性専用車両があればいいという肯定的な意見もヤフーニュースのコメント欄に多数よせられました。

男性専用車両もつくって欲しい。気を使わなくてはならないのが不愉快。

そもそも問いたい。痴漢冤罪で線路などに逃げ込む事案が後を絶たないのに、何故男性専用車両を1両でも試験導入しないのか。女性が被害に遭うのを防ぐのは納得できる。では、男性の被害は??無実の罪で人生を失うかもしれないってのに、どうして男性にはそう厳しくするのか。

私は女だけど、男性専用もあればいいのに。と思う。痴漢に間違われないように気を遣ったり大変だよ。逆に何で未だ無いのかな??

男性専用車両があれば乗りたい、という男性の意見もあるので、試験的にでも男性専用車両を作ってみるといいかもしれませんね。(もしその時間帯に女性が間違って乗り込んでしまったら恐怖かもしれませんが、、)

女性専用車両でのトラブルまとめ

千代田線の女性専用車両

今回の事件は「女性専用車両に男性も乗る権利がある!」と言い張る男性たちによるテロのような迷惑行為でした。

ただ、女性専用車両のあり方を考えさせられる事件ともとれ、男性専用車両の需要についても考える必要がありそうです。

そう遠くない未来、もしかすると試験的にでも「男性専用車両」が導入されるかもしれませんね。



/* i2iの解析コード  */