【事故】北九州市若松区安瀬 新響灘大橋付近で車が衝突した場所は?会社員死亡の原因は?

車 事故

北九州で車2台が接触した事故です。

事故があったのは北九州市若松区安瀬 新響灘大橋付近。なぜ車が接触することになってしまったのでしょうか。渋滞に巻き込まれたひとたちの悲鳴もあがっているようです。詳細を見ていきましょう。




事故概要

2019年1月8日に事故は起きてしまいました。西日本新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

8日午前6時24分ごろ、北九州市若松区安瀬の路上で乗用車と大型特殊自動車が衝突した、との通報が消防にあった。若松署によると、大型特殊自動車は同市小倉北区の会社員(27)が運転。乗用車に乗っていた同市若松区の会社員男性(24)は現場で死亡が確認された。

出典;西日本新聞

事故現場の場所

事故現場は北九州市若松区安瀬 新響灘大橋付近です。

報道で公開された現場写真はこちら。

グーグルマップによると、下記のあたりのようです。

運転手男性の顔など詳細

こちらが運転手のプロフィールです。

名前:不明
年齢:27
住所:北九州市小倉北区
職業:会社員

運転手の人物は大型特殊自動車にのっていたようです。

報道では運転手の顔写真は公開されていません。

詳細が発表され次第追記していきます。



被害者賛成の顔など詳細

こちらが被害者のプロフィールです。

名前:不明
年齢:24
住所:北九州市若松区
職業:会社員

報道では被害者男性の顔写真は公開されていません。乗用車にのっており、大型特殊自動車と衝突して死亡した模様です。

詳細が発表され次第追記していきます。

事故が起こった原因について

事故はなぜ起きてしまったのでしょうか。

報道によると下記のように発表されています。

8日午前6時24分ごろ、北九州市若松区安瀬の路上で乗用車と大型特殊自動車が衝突した

出典;西日本新聞

ネットの声



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

/* i2iの解析コード  */