【事故】中学生軽トラ無免許運転で死亡!軽トラの入手経路は?荷台に乗っていた理由は…(鳥取市叶)

中学生が軽トラ無免許運転で事故

中学生が無免許運転で死亡するというショッキングなニュースです。

事件があったのは鳥取市叶の国道53号。平日の午前4時という早朝のことでした。軽トラックを運転していたのはなんと若干中学2年生の男子生徒。事故を起こし、一緒に乗っていた友人を死なせることになりました。中学生がなぜ軽トラを持ち出すことができたのでしょうか。その気になる入手経路とは。。また、なぜ荷台に乗っていたのかも調べていきます。



事件概要

事件は2018年2月6日、午前4時頃に起きてしまいました。。

事故があったのは鳥取市叶の国道53号。警察によると、6日午前4時頃、無免許の男子中学生が運転する軽トラックが単独事故を起こした。車には運転席と助手席と荷台に計3人の男子中学生が乗っていたが、このうち、荷台に乗っていた14歳の男子中学生が道路に転落。全身を強く打ち、病院に搬送されたが、約1時間半後に死亡が確認された。運転席と助手席に乗っていた男子中学生2人は軽傷だった。

日テレより引用

無免許運転だけでも悪いことですが、ましてや未来ある中学生が無免許で運転し、ましてや人を死なせたとあって世間は注目しているようです。

事故現場の場所

事故が起きたのは鳥取市叶の国道53号。

報道で公開された画像はこちら。

中学生が軽トラ無免許運転で事故

見通しのいい直線道路だったようです。

運転しなれているドライバーにとってはなんてことないですが、無免許で、しかも中学生であれば、なんてことない直線距離も運転が難しかったのかもしれません。。

報道によると、道路脇の縁石に衝突しての事故だったようです。

そもそもなんで運転しようと思ったのでしょうか。

軽トラの入手経路が気になりますよね。。

軽トラの入手経路は?荷台に乗っていた理由は…

軽トラックに乗っていたのは3人の中学生。

運転席に14歳男子、助手席に15歳男子、荷台に14歳男子がいました。

このうち、運転席と助手席に座っていた2人は軽症で済み、荷台にいた男子は道路脇の縁石に衝突した衝撃で転落し、全身を強打。運ばれた約90分後に息絶えたということです。。

中学生が軽トラ無免許運転で事故

警察は軽トラの入手経路を調査中とのこと。上の画像でもわかるように、聴覚障害のマークがついているため、すぐに判明しそうですね。

中学生が車を購入できるはずはなく、親や親戚の車の鍵をこっそりと持ち出したという可能性や、盗難の可能性、悪い先輩に借りたという線も考えられるでしょうか。

また、ひとりだけ荷台に乗るというのはどういう理由なのか・・・

荷台に乗るというのは、「怖い」という恐怖と「スリルを感じる」という快楽の両面があります。

無理やりのせていたのであればいじめの可能性がありますし、自ら好んで乗ったのだとすれば、荷台に乗ることで風をあび、気持ちが高揚していたのかもしれませんね。

調査が明らかになり次第追記していきます。

追記:軽トラの入手経路は盗難!

警察によると少年たちは鳥取市内の駐車場で車内にキーがあった車を盗んで運転したものとみられている。逮捕された少年2人は容疑について、「無免許で事故したことにまちがいない」「車を盗んだことはまちがいない」と認めているという

日テレより引用

どうやら車の入手経路は、駐車場での盗難だったようですね。

鍵がかかったままの軽トラを出発させたということは、持ち主もすぐにもどってくる予定で目を離した一瞬のすきに、ということだったのでしょうか。。

軽少だった少年2人は道路交通法違反、窃盗の容疑で逮捕されています。

考察

中学生男子たちの好奇心が招いた最悪の事態。

スリルを感じて遊ぶだけのはずが、笑えない結末になってしまいました・・・。

運転席、助手席、荷台のそれぞれの振り分けはどうやって決めたのでしょう?みんな無免許なのは同じことなので、くじやじゃんけんでしょうか。その振り分けの結果次第で、死亡者は入れ替わっていたことは十分に考えられますし、あらたな巻き込み事故もあったかもしれませんね。

中学生が軽トラ無免許運転で事故

また、事故の発覚は早朝4時。

学校に行く前で親が寝ている間、交通量の少ないうちにやってやろうと企画したのでしょうか。

いくら早朝で交通量の少なく、見渡しのいい道路であっても、運転者が危ない運転をすれば事故は起きてしまいます。

レーシングゲームで擬似的な運転を覚え、本番でもできるような気にでもなっていたのでしょうか。

現実世界での運転は2次元と違い、自分の命も、人の命も奪いかねない繊細なもの。

免許の取得講習は単に車の操作方法だけでなく、その生命の重みやそれに対する責任感を持つために高い授業料を出して、通うものではないでしょうか。

それをすっとばしてスリルを求めるためだけに無免許運転をするものではありません。

ヤフーニュースのコメント欄ではこんな声がありました。



ネットの声

中学生が軽トラ無免許運転で事故

取り返しがつかない。両家の両親は一生この事実と向き合っていかないといけない。

後悔先に立たず。取り返す事なんて出来ない。一生、背負って生きる事になるでしょう。
事故を起こした中学生も亡くなった中学生の家族も人生が180度一瞬にして変わってしまう。

これは親の監督不行き届きになるのだろうか。

若気の至りで無免許運転で事故起こして、友人も亡くなってるけど、運転していた少年、家族の責任は相当重いでしょ。まだ若いのに取り返しのつかないことをやってしまったね。

若気の至り・・ではすまないね。なんでもやんちゃしたい時期だろうけどやっていいことと悪い事 わからない歳でもないのにね。人生かけて償って行ってください。

軽症ですんだ中学生のこれからと、両親に焦点があてられていますね。

中学生が死亡事故を起こしたというショッキングなニュースだけに、まだまだ波紋を呼びそうな事件です。。



/* i2iの解析コード  */