鶴ひろみの死去後、ドキンちゃんの代役はロールパンナの冨永みーなが兼任

鶴ひろみが演じたキャラクター

子どもに人気アニメ「アンパンマン」でドキンちゃん役や「ドラゴンボール」のブルマ役で知られる声優の鶴ひろみさんがお亡くなりになりました。衝撃の死因とは…。
また、共演者の悲しみの声追悼のイラストも出回っていて…



声優、鶴ひろみさん死去 運転中に病死

鶴ひろみさんの訃報 鶴ひろみさんの訃報 出典;まとめまとめ

2017年11月16日の夜、首都高速都心環状線上の運転席で、意識不明の鶴ひろみさんが発見されました。
シートベルトはつけたままで、意識のあるうちにハザードランプ(非常点滅表示灯)をつけていたためか、事故の形跡はなかったということです。病院に搬送されましたが、死亡が確定されました。。

鶴ひろみさんの死因は大動脈剥離

鶴ひろみさんは齢57という若さでこの世を去ってしましました。
運転中ということで事故かとも思われましたがその形跡もなく、病死と判断されました。
何の病気かはまだ判明されていませんが、突然の意識不明の症状としては、心筋梗塞脳梗塞などが考えられますが。。
判明し次第掲載したいと思います。

追記

鶴ひろみさん所属の青二プロダクションから発表があり、死因は大動脈剥離であることが判明しました。お通夜、告別式は親族のみの家族葬で行われるそうです。

鶴ひろみさんの死因の大動脈剥離とは

大動脈は、外膜、中膜、内膜の3層構造となっており、十分な強さと弾力を持っていますが、なんらかの原因で内側にある内膜に裂け目ができ、その外側の中膜の中に血液が入り込んで長軸方向に大動脈が裂けることを大動脈解離といいます。原因は不明ですが、動脈硬化や高血圧が関係しているともいわれています。中膜に流れ込んだ血液は、新たな血液の流れ道(解離腔または偽腔)をつくり、それによって血管が膨らんだ状態を解離性大動脈瘤(大動脈解離)といいます。外側には外膜一枚しかないため、破裂の危険性を伴います。

出典;血管の病気について

突然に胸や背中に杭がささるような痛みが走る症状が出るそうです。。

運転中にそのような激痛に苦しみ、その中で車をよせ、ハザードランプを点灯させた冷静な判断と行動力がとても立派ですよね。

非常時に、他の車を巻き込む事故にならないように配慮したと思うと素晴らしいお人柄だったのだと伺えます。

鶴ひろみさんの家族や子どもは…

鶴ひろみさんは「気まぐれ☆オレンジロード」のヒロイン鮎川まどか役をつとめていて、その際共演した難波圭一さんと結婚していた過去があります。今は離婚されていて、子どもの存在は公表されていませんが、もしいらっしゃったらとても悲しいことでしょうね。。
お母さんのドキンちゃんの声でアンパンマンを見て育ったのかもしれませんね。



鶴ひろみさんが声を担当したキャラクター抜粋

ドキンちゃん(それいけ!アンパンマン)
ブルマ(ドラゴンボール)
美神令子(GS美神)
鮎川まどか(きまぐれオレンジ☆ロード)
ペリーヌ(ペリーヌ物語)
大綾真理(まじかる☆タルるートくん)
久遠寺右京(らんま1/2)
九条明日菜(めぞん一刻)
シュザンナ・フォン・ベーネミュンデ(銀河英雄伝説)
パラス(聖闘士星矢Ω)
出典;ニコニコ大百科

ペリーヌ物語のペリーヌ役として抜擢されてデビューした鶴ひろみさん。 

 

Daiki Moriさん(@mori_tatan)がシェアした投稿

優等生役が多く、幅を広げたいと思っていた時に「きまぐれ☆オレンジロード」のミステリアスなヒロイン役をすることになり、苦闘しながらも大人な役柄ができるきっかけになったそう。

以降、おなじみのドキンちゃんやブルマなど気の強い女性像のイメージが定着
特に、GS美神で主役の美神令子を演じるにあたり、キャラクターにひっぱられて自身の性格にも影響をうけたということです。

確かにドキンちゃんもブルマも、少しわがままで欲望に素直なチャーミングなイメージがありますよね。

ドキンちゃんやブルマの代役は誰に?

気になるドキンちゃんやブルマの代役ですが、まだ公には発表されていません。
ただ若手にぽんと代われるような代物ではないことは確かです。

鶴ひろみさんの同年代で著名な女性の声優さんといえば、
タッチの浅倉南役で有名な日髙のり子さん、
うる星やつらの三宅しのぶで名が挙がる島津冴子さんですね。

また、鶴ひろみさんと同じ青二プロダクションから輩出されるのではないかという噂もあり、それでいくと35歳という若手ではありますが、「魔法先生ネギま!」の長瀬楓役で有名な白石涼子さんが候補に注目されています。

追記

ドキンちゃんの代役が決定しました。

ロールパンナちゃんでおなじみの冨永みーなさんがドキンちゃん役を兼任することに。

emaさん(@ema_minnie)がシェアした投稿

12/22放送予定の「コキンちゃんとクリスマスのおくりもの」はバタコさん役の佐久間レイさんが臨時でドキンちゃん役を果たし、もう収録済ということです。

冨永みーなさんは1/26放送予定の1390話以降、正式にドキンちゃんを兼任していく予定。

チーム、アンパンの結束は固く、新参者を迎えるよりは、鶴ひろみさんのことを愛し、よく知っている身内でがんばろうという流れになったみたいですね!

バタコさん役の佐久間レイさんが1日限りのドキンちゃんをするということで、視聴率が高くなることが予想されます。

鶴ひろみさんを偲ぶ共演者

ドラゴンボールのピッコロ役古川登志夫さん

 

Mickyさん(@g_dragon_fire)がシェアした投稿

アンパンマンのメロンパンナ役かないみかさん 

同じ作品を長年作っていった仲間が57歳という若さで亡くなるというのは、とても悲しいことですよね。。

鶴ひろみさん追悼イラスト

「ブルマに魂を入れてくれてありがとう」「ドラゴンボールなくして、わたしはなかった」というような、心から惜しむ声が海外からも届いています。



/* i2iの解析コード  */