【驚愕】塚原千恵子が宮川紗江にしたパワハラ内容が酷い!塚原光男夫妻がグル?体操協会の闇…

日本体操界でパワハラの不祥事です。

宮川紗江選手(18)が塚原千恵子(つかはら ちえこ)女子強化本部長(71)にパワハラをうけたと告発したことで話題となっています。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年8月29日に宮川紗江選手は都内で会見し、日本体操協会に強い不信感を示しました。日刊スポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

体操リオデジャネイロ・オリンピック(五輪)女子代表の宮川紗江選手(18)が29日、都内で会見し、日本体操協会に強い不信感を示した。指導を受ける速見佑斗コーチ(34)が、宮川選手への暴力行為で協会から無期限登録抹消などの処分を受けたが、「処分の重さは納得できない」と軽減を要望。引き続き同コーチの指導で東京オリンピックを目指すことを望むとともに、日本協会幹部からパワハラを受けたことを明かした。(中略)

宮川紗江選手

「協会の方が恐怖で、パワハラと感じた」と告白。7月15日、暴力認定のために東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で塚原千恵子女子強化本部長(71)に暴力の有無を聞かれた。「ありませんと答えたけれど、何度も聞かれた。最後はキレ気味に『あったんでしょ』と。すごく怖かった」と明かした。

出典;日刊スポーツ

小学5年から指導を受ける速見佑斗コーチとともに頑張っていきたいと望んでいた宮川紗江選手。ときには体罰があったことも認めるものの、それは愛情と信頼ゆえにと信じていました。

それを、協会は体罰があったことを無理矢理宮川紗江選手に肯定させ、ふたりを引き離そうとしたということです。



塚原千恵子の顔など詳細

名前:塚原 千恵子(つかはら ちえこ)

生年月日:1947年8月12日

年齢:71歳(※2018年8月現在)

出身:長崎県

配偶者:塚原光男

家族:塚原直也(息子)

学歴:長崎県立長崎西高等学校→日本体育大学

所属:朝日生命体操クラブ女子監督

肩書き:日本体操協会女子強化本部長

報道で公開された塚原千恵子、塚原光男夫妻の顔写真はこちら。

塚原千恵子 塚原光男

出典:NNN

塚原千恵子強化本部長は、1967年の全日本学生体操競技選手権大会で個人総合優勝しており、全日本選手権でも5位に入賞するなど、自身もプレイヤーとして華々しい成績を収めていることでも知られています。

1968年メキシコオリンピックに出場すると、女子個人総合は19位、女子団体では4位入賞を果たし、日本の女子体操界を躍進させる原動力となっているほか、1972年に現役を引退しているのですが、月面宙返りを編み出した塚原光男さんと結婚し、体操指導者としてオリンピック体操チームのコーチなどを歴任するなど、日本の女性体操界を牽引していることで知られています。

塚原千恵子 塚原光男 夫婦グルでパワハラ?

自身が監督を務める朝日生命体操クラブに引き込むための手段として速水コーチの過去の暴力問題を持ち上げ、今回の騒動に至ったようです。

他に塚原夫妻に関わりが深い朝日生命への移籍を勧められたこともあったという。速見コーチから1年以上前に頭を叩かれるなどを暴力はあったことを認め、「コーチが暴力をしてしまったことは許されることではなかったと理解している」とした宮川は、「協会から今までパワハラを受けたという風に感じている。すごく怖かったし、このままつぶされてしまうのではないかということで、周りにも相談した」と話した。

出典:スポニチアネックス

邪魔な速水コーチを排除して、朝日生命の利益にするためという大人の打算で選手を脅かしたのだとしたら、あまりにも酷い話です。

告発に対しての回答が酷い

また、今回の騒動に対して、夫の塚原光男氏は以下のように回答しました。

宮川選手「『あなたが(コーチの暴力を)認めないと、あなたが厳しい状況になるのよ』と何度も言われ、『オリンピックも出られなくなる』と言われました。今までに感じたことのない恐怖を感じ、おびえました」

この会見を受け、30日朝、自宅前で取材に応じた塚原光男副会長。

塚原光男

塚原光男副会長「嘘が多いからプレスリリースを出しますから。それをちょっと待ってください。(Qパワハラ発言はしていない?)ん?だからそれも含めてプレスリリースを出します」

出典:日テレ

宮川選手の勇気をふりしぼった会見に対して嘘だといいのけ、「なぜ彼女があんな嘘をいうのかわからない」と突き放したようにもとれる言葉をくちにしました。

選手のことを第一に考えていたら、もう少し親身な表現にならないでしょうか。

考察

速見コーチは2018年8月15日に日本体操協会から無期限の登録抹消を言い渡されており、この登録抹消自体も塚原強化本部長の差し金なのではないかと考えられています。

塚原強化本部長の思惑通り、上手くいったかのように思われましたが、ここへきて宮川選手が告発をしたのです。

「あなたが認めないと厳しい状況になる」という発言はまさにパワハラそのものであり、そのほかにも塚原強化本部長が宮川選手に対して言うことを聞かなかった際に「あなたは五輪には行けないわよ」などと話していたそうです。

体操協会の闇がうきぼりになった事件なだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */