【オレオレ詐欺】巴勝 顔画像とSNS調査!70代女性から300万をむしりとった手口が悪質…(岩手県盛岡市)

オレオレ詐欺

またもやオレオレ詐欺の許せないニュースです。

逮捕されたのは暴力団幹部の巴勝容疑者(33)。岩手県に住む70代の女性から、息子を装って現金300万円とキャッシュカードをだまし取ったなどとして逮捕されました。オレオレ詐欺はいつまで横行するのでしょうか。その悪質な手口とは…詳細を見ていきます。



事件概要

事件は2017年3月に遡ります。

指定暴力団稲川会系の組幹部・巴勝容疑者(33)は去年3月、仲間と共謀して盛岡市に住む70代の女性から息子を装って、現金300万円とキャッシュカード1枚をだまし取った疑いなどが持たれています。警察によりますと、巴容疑者は知人の男らに市役所の職員や銀行員などを装わせ、数十件の詐欺事件を指示していたということです。被害総額は2000万円を超えています。警察は2日午前から関係する暴力団事務所を捜索し、事件の全容解明を進めています。

tv-asahiより引用

詐欺事件は今回が初めてではないらしく、余罪もたくさんありそうですね。

巴勝容疑者とは一体どのような人物なのでしょうか。

巴勝容疑者の顔写真やSNS情報など詳細

名前:巴勝(ともえ・かつ)
年齢:33才
住所:不詳
職業:稲川会系の暴力団員

報道で公開された巴勝容疑者の顔写真はこちら。

巴勝容疑者
引用元:ANN

巴勝容疑者の他の情報を探すためSNS(facebook、twitter、instagram)を調査したところ、facebookで同姓同名の方はいらっしゃいましたが中華系の別の方がヒットしましたので、巴勝容疑者のアカウントは特定ならずです。

日本人にしてはめずらしいお名前なので、巴勝容疑者の両親はアジア系の方なのかもしれませんね。

引き続き調査していきます。



巴勝容疑者の家宅の場所

警察によって捜査が入った巴勝容疑者の家宅の場所は「神奈川県横浜市鶴見区」とされています。

報道で公開された画像はこちら。



引用:ANN

グーグルマップではこちらになります。

報道画像と一致していますのでこちらで確定かと思われます。

70代岩手女性から300万をむしりとった悪質な手口

盛岡市の70代の女性から現金300万円とキャッシュカード1枚をだまし取り、
ATMで現金200万円を引き出したとして、詐欺と窃盗の疑いで逮捕された巴容疑者。

その手口は、オレオレ詐欺のど定番ともいえる、被害者の息子を語って情に訴えかけるといったものでした。

オレオレ詐欺

「オレオレ詐欺」という言葉を耳にする用になったのは2003年ごろ、ピークは2004年といいます。それからはや15年。15年間も同じ手口で通用しているということなのでしょうか。

しかし、巴勝容疑者のオレオレ詐欺は共犯者を複数人巻き込んでの手の込んだものでした。

「現金がすぐに必要だ」と電話をかける役、現金を受け取る役、市役所の職員の役、銀行員の役などさまざまな役を共犯者に装わせるといった徹底ぶり。

ここまで手が込まれては、息子を心配して気が動転している高齢女性1人はつい騙されてしまうかもしれませんね。。

オレオレ詐欺の余罪多数、総額2000万円

巴勝容疑者は今回の詐欺が初犯ではなく、余罪は多数ありました。

現段階でわかっているだけでも数十件の詐欺を指揮していたというのです。

場所も、岩手だけでなく横浜など、多岐にわたりました。

その被害総額はなんと2000万円!

お年寄りの、我が子を心配する気持ちを踏みにじっての許しがたい犯罪を何年も繰り返していたとは。。ひどい話です。

まとめ

もう「オレオレ詐欺」も15年にわたり横行していて、そろそろ通用しなくなるのではと思われましたが、まだまだ田舎でも都会でも魔の手がはびこっているということがよく分かる事件でした。

昔とは違い、今は成人した男性は親元から離れて暮らすことが多いので、久しぶりの我が子の声がわからないというのはうなずけます。

騙す輩が一番悪いのはもちろんですが、こういった被害を防ぐためにも、こまめに親と連絡をとるなど、対策もしておくべきですね。



/* i2iの解析コード  */