【事件】高木凌容疑者の顔画像はこちら!生後2か月の長男に虐待で大怪我させた理由がヤバい

生後二ヶ月の赤ちゃんに暴力という驚きの事件です。

逮捕されたのは高木凌容疑者(23)。生後2か月の長男に暴行を加え、頭などに大けがをさせた傷害の容疑です。犯行の動機は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2019年2月6日に事件は起きてしまいました。日テレほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

傷害の疑いで逮捕されたのは、愛知県津島市唐臼町の会社員・高木凌容疑者(23)。警察によると、高木容疑者は今月上旬ごろから6日までの間に、自宅で生後2か月の長男に暴行を加え、頭や腕などにけがをさせた疑いがもたれている。長男の命に別条はないという。

6日午後6時ごろ、津島市の児童相談所から警察に「児童虐待の疑いがある2か月の乳児を保護している」と連絡があり、事件が発覚したという。

出典;日テレ

高木凌容疑者の顔やSNSなど詳細

こちらが高木凌容疑者のプロフィールです。

名前:高木凌
年齢:23
住所:愛知県津島市唐臼町
職業:会社員

高木凌容疑者は生後2か月の長男に暴行を加え、頭などに大けがをさせた疑いのある人物です。

報道では高木凌容疑者の顔写真は公開されていません。

出典;日テレ

SNS情報(facebook,twitter,instagram)の調査結果、Facebookアカウントで同姓同名のものが見つかったのですが、情報が少なかったため特定にはいたりませんでした。名前での検索結果を残しておきますので、気になった方はこちらからどうぞ。



犯行現場の場所

犯行現場は愛知県津島市唐臼町です。

報道で公開された現場写真はこちら。

出典;日テレ

グーグルマップによると、下記のあたりのようです。

犯行動機は?

容疑者の犯行動機は何だったのでしょうか。

報道機関によると、「あざについては、口で強く吸ってできた。子供を高い高いしたことはある」などと容疑を否認しているようです。

口で強く吸うという、いわゆるキスマークだとの言い分。

生後二ヶ月の赤ん坊に硬膜下血腫などの大けがをさせたようですので、あざを口で強く吸ったという言い分には無理があるように思えます。

ネットの声

匿名
いや、ほっぺにチューならまだしも、内出血ができるくらい吸ったなら虐待でしょ…。
匿名
首が座ってない子に高い高いなんてできない
匿名
立て続けに虐待のニュース。なぜ心の壊れた鬼畜な人間が増えたのでしょうか?望まない妊娠なら堕胎も選択肢の一つ。この方法が正しい選択か分からないが、産まれてから虐待され命を落とす悲劇を考えたらそう思う。いつも虐待してるのが父だったり母だったりで、もう一人の親は何していたんだと怒りが出る。無視は同罪。
匿名
親の言い分に翻弄されてはいけない。同じ轍は絶対に踏んではいけない。
匿名
ここで親に返したら心愛ちゃんの二の舞になる。絶対に渡してはいけない
出典;yahooニュースコメント欄

年々増加する虐待

虐待問題をよくニュースで見かけますが、2018年は過去最多で、8万件を超えてしまっているようです。

去年、虐待の疑いで警察が児童相談所に通告した児童の数が8万人を超え、過去最多を更新した。

警察庁によると、全国の警察が認知した刑法犯の件数は、2002年をピークに減少を続け、去年は、81万7445件で、戦後最少を更新した。

一方、虐待を受けた疑いがあるとして、警察が児童相談所に通告した児童の数は、前の年から1万4000人以上増え、8万人を超え、過去最多となった。

心理的虐待がおよそ7割、身体的虐待がおよそ2割を占めている。

また、配偶者からのドメスティックバイオレンスの相談件数も5年間で3倍以上に増え、およそ7万7500件だった。

出典:日テレ

考察

生後2カ月の長男を虐待し、けがを負わせたとして逮捕された高木凌容疑者。実の父親に暴行を加えられた長男はどれほど怖く、辛かったことでしょうか。

子どもにとって親は唯一無二で、様々なことを教えてくれる大切な存在です。しかし高木容疑者は自身の手で、実子を傷つけてしましました。高木容疑者には犯した罪を深く悔い、反省して改めてほしいですね。

家庭の問題、複雑なこととなるとは思いますが長男のためにも母親には父である高木容疑者とは距離を置いて生活してほしいですね。

虐待問題が問題になっている昨今。まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

/* i2iの解析コード  */