【悲惨】岡山5台車衝突事故→トラックが集団下校中小学生に突っ込み死傷…子どもが高齢者運転の犠牲者に…

集団下校

またも高齢者運転による犠牲者が出てしまうショッキングな事故がありました。

岡山で車が5台衝突し、そのうちトラックが歩道に突っ込み、集団下校中の子どもたちに襲いかかりました。激しい衝突音の後、こどもたちの阿鼻叫喚の泣き声が響き渡り…一体なぜこんなことになってしまったのでしょうか。



事件概要

事件は1/30火曜日の午後四時頃、岡山県赤磐市の県道で起こりました。

岡山集団下校中にトラック衝突事故

30日夕方、岡山県赤磐市の県道で集団下校中の小学生の列に車が突っ込み、児童5人が死傷しました。発端となった多重衝突事故を起こしたとして現行犯逮捕された70歳の女は、「多くの人に迷惑をかけ、反省しています」と話しています。(中略)

この事故は30日夕方、岡山県赤磐市の県道で車5台が関係する事故があり、追突された軽トラックが集団下校中の小学生6人の列に突っ込んだものです。6人のうち、4年生の藤原友依さん(9)が死亡し、10歳と9歳の男子児童が大けが、2人が軽いけがをしました。

 事故は、1台の乗用車が引き起こしました。乗用車が対向車線の車と衝突し、さらに軽トラックに追突したもので、軽トラックは横転しながら歩道を歩いていた児童6人をはねました。

TBSNEWSより引用

事件被害にあった小学生の通う小学校の場所

事件にあった小学生の通う小学校は、NEWSでは市立軽部小と報じられました。

事件のあった赤磐市の県道は、交通量の多い場所のようで、せめて車と歩行者を隔てるガードレールがあれば死者はでずにすんだのかもしれないと思うと遣り切れません。。

事件の詳細

事件は車5台が衝突し、うち1台の軽トラックが歩行者側に突っ込んだというものでした。

岡山集団下校中にトラック衝突事故

その突っ込んだ軽トラックの実際の写真がこちらです。

岡山集団下校中にトラック衝突事故

軽トラックは撃破され、まわりに子どもたちのランドセルに入っていただろう荷物が散乱しているのが伺えます。

大人でもまともに車にぶつかったら危ないのに、身体のちいさな子どもであればその衝撃はなおのことでしょう。

衝突事故に巻き込まれたのは市立軽部小に通う小学3年生〜6年生の児童6人。

うち、1人が死亡、4人が重軽傷を負いました。

亡くなったのは藤原友依さん9歳。10年も生を全うしていない、小学4年生でした。。



藤原友依さん「がんばり者のいい子だった」

「クラブ活動や、卒業を控えた6年生を送る会の準備に一生懸命取り組む頑張り屋だった」

「明るくて優しい子だった」

藤原友依さんを悼む声がありました。

まだ人生これからというときに、、同情を禁じ得ません。

集団下校というのはみんなで気をつけて帰ろうという意図のもの。

集団下校

それを子ども側が守っていたとしても、車を運転する大人が気をつけていなければ意味がありません。

被害者の学校の市立軽部小でも、遺憾の声がありました。

市立軽部小の声とこれからの対策

教頭は「児童らは普段、歩道を1列に歩いて登下校していた。悔しいです」と声を震わせた。軽部小は31日、全校集会を開いて児童らに事故の概要を説明。今後は市教育委員会と協力してスクールカウンセラーによる児童のケアに当たる。

産経westより引用

児童らは普段、歩道を1列に歩いて登下校していた。悔しいです

学校側が対策を練り、子どもも守っていたのに…。

それでも死傷者が出てしまうのはなってはならないことです。

事故を起こした運転手が悪いのですが、万一に備えて、ガードレールのない道は通学路で使わせないなどの対策も必要ではないかと思われます。

また、事故にあった子どもたちにとって、今回のことは大きなトラウマになったことでしょう。スクールカウンセラーによるケアがあるとのことですので、しっかりとケアして子どもたちの心の傷を癒していってあげられたらと思います。。



ネットの声

ヤフーニュースでは次のような声がありました。

いくら反省しても亡くなった子供は帰ってこない

ちゃんとみんなで歩道を歩いていたのに。どんな運転をしてたらこうなるのか。巻きこまれたことも防ぎようがなかったことも無念でならない。

軽トラックの運転手は大丈夫だろうか。
貰い事故で巻き込まれて、自分のクルマが子どもたちに…
自分がその立場だったらどうなってしまうか分からない。

センターラインを越えてぶつかって、慌ててハンドル切ってまたぶつかっての多重事故だとニュースで見たけど、真っ直ぐな道路で何をしたらセンターライン越えるのか?脇見運転?まさかスマホいじってないよね。反省って何を?

何度こういう事件が起きれば気が済むのか。
早急に高齢者ドライバーの運転許可について見直すべき。
どれだけ反省しても泣いて謝っても死んだ子は帰ってこない。
本当に可愛そう。
被害者の子及び、遺族の方の心中お察し申し上げます。

高齢ドライバーの免許更新時に認知症の試験が取り入れられたが、これが、悪い。
甘々の検査で、更新出来た高齢者は、自信満々で運転をして事故る。
国の責任も大きい

高齢者運転の犠牲者を減らそう

高齢者

高齢者であるという自覚が薄いと事故を起こすまで運転し続けることになるかもしれません。高齢者運転手の方は「まだ大丈夫だろう」と油断せずに、健康なうちに免許を返納してほしいものですね。。



/* i2iの解析コード  */