菅田将暉の出演映画「あゝ、荒野」で体重がヤバっ!?イケメン俳優に何が…

菅田将暉

auの「鬼ちゃん」でお馴染みの菅田将暉さんの体重が12kgも増えました。 また、本名がすごいと噂の菅田将暉さん。 身長も小柄な印象の彼が体重が12kgも増えるだなんて、一体何があったというのでしょうか。。 噂の本名にも迫りました!


菅田将暉の本名やプロフィール

芸名:菅田将暉(すだまさき) 本名:菅生大将(すごうたいしょう) 生年月日:1993年2月21日 出身:大阪 身長:176cm 血液型:A型 特技:サッカー、アメフト、ピアノ、洋服作り 趣味:漫画、古着 兄弟:長男(3人兄弟) (出典:wikipedia)

改めて菅田将暉さんのプロフィールをまとめてみました。 本名は事務所的には隠しておきたかったみたいなんですが、ジュノンボーイの出場歴から出ちゃったようですね。 芸名も似合っててかっこいいのはもちろんですが、 本名が「大将」なのに驚きました。 なんなら本名のほうがインパクトが大きいやんかと。 名付け親さんも子供にどえらい期待をのっけますね・・・! ゆとり世代、悟り世代の中背負う圧がすごいですもん。。 でも何がすごいってその名前に負けずに世の中に名を知らしめた菅田将暉さんですよね。 名付け親さんも鼻が高いというものですね。

菅田将暉は韓国人との噂があった?

そんな本名が個性的な菅田将暉さん。 いっとき韓国人?っていう噂があったんですって。 同郷で大阪出身のわたしからしたら、菅田将暉さんってバラエティとかですごく流暢な大阪弁が滲み出るので国籍を日本人じゃないと思ったことは無かったため「?」と疑問でしたが、調べてみるとこういうことでした。 「菅生大将」というのがネット上で判明したときに、みんな思ったんですね。 「え・・・すが、、う?すがなま??読めない(´・ω・`)」って。 完全にガセネタでしたー。 希少な苗字の人あるあるなのかもしれませんね!


菅田将暉の体重増加の原因とは?

さて、本題の体重増加の一件ですが、一体何があったというのでしょう。 体重が12kg増えるってなかなかのことですからね。 12kgっていったらあれですよ。2歳児の体重ですよ。2歳児を背負い続けるって結構な負担ですからね・・・! 結論からいうと、 出演映画の役作りのためでした。 「あゝ、荒野」でプロボクサーを務めるためです。 つまり、ぶよぶよな脂肪ではなく、きれっきれな筋肉で12kg増やしたということです!おお! 菅田将暉さんのトレーナーは、共演者でボクシングトレーナーの松浦慎一さんでした。 ニュースによると。。

「最初は線が細く、ビジュアル的にプロボクサーに見えないので53~4kgしかなかった体重を、ボクシングとウエイトトレーニングと食事で12kg主に筋肉で体重をアップさせました」 「とにかく食が細いので筋トレ終了後にプロテインはもちろん、日常生活でも基本は合間にプロテインを流し込む、あとは主にボクシングの練習後に焼肉屋などでバランスよく、たんぱく質と炭水化物、ビタミン、ミネラルなどしっかり食べる」とアドバイス。すると半年で筋肉でバキバキのボクサーのビジュアルが完成した (出典:イーファイト)

ということです。 176cmで53kgから65kgまで育てたということは、食事の調整だけでなく、相当過酷なトレーニングをしているはずですね。根性あるなぁ。。

映画「あゝ、荒野」の公演情報やあらすじ

 

ゆーさん(@yuuu.26)がシェアした投稿

「あゝ、荒野」 <監督>岸善幸 <公開日>2017年10月7日(前編)・10月21日(後編) <キャスト> 新宿新次:菅田将暉 バリカン:ヤン・イクチュン 芳子:木下あかり 片目:ユースケ・サンタマリア 馬場:でんでん <ロケ地>東京都新宿区、群馬県高崎市など 吃音症で対人赤面症に悩む建二。母親の死後、暴力をふるう父親と共に生活していたが耐えられず、家から出るため床屋に住み込みで働いている。一方の新次は幼いころに父親は自殺、母親にも捨てられ野性的な性格に育った。似たところがあるような、ないようなこのふたりがひょんなことから出会い、元ボクサーである堀口にしごかれプロボクサーを目指す。人が心にもっている愛や孤独、自分と向き合う青春物語。(出典:wikipedia)

もともとは鬼才、寺山修司の小説が原作のようです。 寺山修司といえばアングラ界の王様ですから、いい意味で強烈で人間臭い物語が予想できますね・・・!

菅田将暉の役作りにストイックな姿勢がかっこいい

「俳優」という職業にストイックに向き合う姿勢が、プロボクサーのストイックさに繋がって素敵です。 というかシンプルに筋肉ってかっこいいよね!ヽ( ´¬`)ノ これからも菅田将暉さんに注目です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

/* i2iの解析コード  */