【火事/千葉県】匝瑳市八日市場の住宅で火災!理由は?「80代夫婦死亡か」(2018年4月3日)

千葉県で火事のニュースです。

火事が起きたのは千葉県匝瑳市八日市場の住宅。朝早くから事件は起こったようで、近隣住民の驚きの声があがっています。火事の理由は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



火災日時と火災現場

火災日時:2018年4月3日
火災現場:千葉県匝瑳市八日市場の住宅

3日午前4時前、千葉県匝瑳市八日市場の住宅から炎と煙が出ていると近所の人から消防に通報がありました。

消防車4台が出て消火に当たり、火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。

警察によりますと、火災のあと、この家に住む80代の夫婦と連絡が取れなくなっているということで、警察は亡くなったのはこの夫婦と見て、身元の確認を進めています。

現場はJR総武線の八日市場駅から西に1キロほど離れた住宅地の一角で、警察と消防が火災の原因を調べています。

NHKより引用

被害状況

・午前4時ごろ近隣から通報があった

・木造2階建ての住宅1棟が全焼

・住人の80代の夫婦が行方不明(おそらく遺体2体が住民だと思われる)

住人の工藤忠義さんは、火事の際寝入ってしまっていたのでしょうか。。

木造建築ということで火の回りも早いでしょうし、もしかすると逃げ場がなくなってしまったのかもしれませんね。。

火災の理由

千葉県匝瑳市八日市場の住宅が燃えているということは分かっているものの火災理由ははっきりとしていません。午前四時という早朝に、何が原因で出火したのか気になります。乾燥しやすい季節なので、火の元には十分注意したいですね。

真相が明らかになり次第追記していきます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

/* i2iの解析コード  */