【事件】島津慧大(しまづけいた)容疑者は元自衛官で動機がヤバい!富山で警察に発砲した理由は?

交番を襲うという驚きの事件です。

26日午後2時頃、富山市の奥田交番に入ってきた男が突然、交番の警察官を刃物で刺し、拳銃を奪い発砲した事件で、警察は島津慧大(しまづ けいた)容疑者を逮捕しました。犯行の動機は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年6月26日に事件は起きてしまいました。

山市久方町の交番で26日午後、所長の稲泉健一警部補(46)が刺されて死亡、近くの小学校付近で警備員の中村信一さん(68)が撃たれて死亡した事件で、富山県警は中村さんに対する殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕した。男は同県立山町末三賀の職業不詳、島津慧大容疑者(21)で、県警は殺人容疑に切り替えて調べる。島津容疑者は駆け付けた警察官に拳銃で撃たれ、意識不明の重体。

県警によると、稲泉警部補は交番裏口付近で刺された。中村さんは奥田小の正門付近で倒れ、頭と左肩に傷があった。奪われた拳銃は確保されたという。

目撃者によると、島津容疑者は奥田小の敷地内で駆け付けた警察官に拳銃で撃たれ、確保されたという。当時、児童は下校前で校内にいた。

県警の山田知裕本部長は記者会見し「警察官が拳銃を奪取されたのは誠に遺憾だ。近隣住民に不安を与え、誠に申し訳ない。全容解明を進めるとともに、結果を踏まえ再発防止に努める」と述べた。

現場の交番はJR富山駅の北東約900メートルにある住宅街の一角。

出典;産経WEST

犯行現場の場所

報道によると、犯行現場はJR富山駅の北東約900メートルにある住宅街の一角の富山県富山市奥田町にある交番。

すぐ北側に発砲事件のあった小学校があるといいます。

こちらが予想される現場の地図になります。

「富山中央警察署奥田交番」のすぐ北側に「富山市立奥田小学校」が位置しています。

こちらが問題とされているであろう交番の外観です。

こちらが富山市立奥田小学校です。

交番から小学校までは、徒歩数分の近距離。

男は、稲泉巡査の拳銃を奪って逃走をしている他、なぜか小学校へ向かい、警備員を発砲しています。

当時、児童は下校前で校内にいたため、巻き込まれることがなかったというのが不幸中の幸いでしょう。保護者も肝を冷やしたのではないでしょうか。。



島津慧大容疑者の顔やSNSなど詳細

名前:島津慧大(しまづ けいた)
年齢:21歳
住所:富山県立山町末三賀
職業:不詳(元自衛官)

島津容疑者は、富山市久方町の県警奥田交番の稲泉健一警部補を刃物のようなもので刺し、拳銃を奪い、近くの市立奥田小学校に向かって、小学校にいた警備員の中村信一さんに発砲し、2人を死亡させたとして逮捕された人物です。

報道で公開された島津容疑者の顔写真はこちら。

島津慧大

出典:JNN

島津慧大

出典:NNN

SNS情報(facebook,twitter,instagram)の調査結果、特定にはいたりませんでした。

もしSNSアカウントがあれば、島津容疑者が犯行をにおわせるような投稿があったかもしれませんね。

島津慧大容疑者は元自衛官

そんな島津容疑者ですが、NHKのニュース7の情報によれば、元自衛官であるとのことです。

関係者によりますと、逮捕された島津慧大容疑者は元自衛官で、3年前の平成27年3月に自衛官になり、去年3月まで金沢市にある陸上自衛隊金沢駐屯地で勤務していたということです。

島津容疑者は3年前、自衛隊に入る際、地元の富山県立山町の広報誌で紹介されていました。

立山町の広報誌「広報たてやま」の平成27年4月号には、自衛隊の入隊予定者の1人として、島津容疑者が町長などから激励を受けたことが紹介されています。

この中で、町長は「人を助ける誇りある仕事にまい進してほしい」とエールを送っていました。

出典:NHK

そしてその時に紹介されていた「広報たてやまNo.736」には顔画像などが紹介されています。

NHKの報じている記事と全く同じでありますし、おそらくTwitter上で紹介されている記事が島津容疑者のものであることは間違い無いでしょう。

いずれにしても、元自衛官の犯行であるだけに、かなりの衝撃が走っています。

犯行動機

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

現在、威嚇射撃で受けた傷の影響から、意識不明の重体になっており、余談を許さない状態であり、動機の調査が遅れている状態です。

報道機関によれば、島津容疑者の男に関しては詳しい情報が入ってきていないために、まだ認否などは発表されていないのですが、警察官から拳銃を奪って小学校へと赴いているあたり、計画的な犯行であった可能性は十分に高いと思われます。

そうなれば、考えられるのが小学校に強い恨みを持っている人物の犯行だと推測されます。

21歳ということは、小学校を卒業してから10年近く経っているのですが、当時教師にいじめられていたなどの、強い怨恨がある場合に、復讐のために襲うということは十分に考えれます。

先日静岡県藤枝市で発生した、未成年の男性による小学校男児を切りつけるという事件でも、いじめられているという事実の復讐のために行ったとされていますので動機としては十分に考えられます。

また、2018年4月11日には滋賀県彦根市南川瀬町の県警彦根署河瀬駅前交番で19歳の巡査が、同僚の巡査部長を拳銃で射殺するという発砲事件が発生していますので、こうした若い世代の発砲事件に看過されて事件を起こした可能性もないわけではないと思われます。

ですが、Twitter上には立山出身を匂わせるようなツイートもされていますし、LINEが既読にならないなどの情報もありますので、出身は立山長であることから、小学校への怨恨の疑惑は極めて低いのでは無いかと推測されます。

動機が不明な事件なだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



コメント

  1. 匿名 より:

    怪奇なる猟奇事件の背後には、ヤクサ”やサ”イ日の闇が常習的に存在し、更に加えて正欠管貝才コスコ”三他の癒着の下、計画が遂行されたと思しきケースが多発している風な印象を強く受けます。
    今ならば、盛カ口言十騒動でしょうか。大阪府北部地震もありました。
    K察自体もその中の仲間的な存在であり、ニュース化する事件や事故の選別ぶり等にはえげつない職権乱用ぶりが感じられますね。果たして選別だけなのかも相当怪しいものです。

  2. 報道下火 より:

    ↑異民族はあまり関係ないでしょう。それに、この手のが3件ぐらい連発はしましたが報道が驚くほど控えめです。何か誘導を目的としているならメディアスクラムを組むはずです。むしろ、くだらない人間だが権力を持っているという奴らの障害になると思うので、さらっと報道しただけという流れだと、あくまで「私見」と断りますが、そう思います。

    ・30代の昭和生まれとして、犯人たちのリアリティのなさには呆れます。それは呆れてます。でも、普通の子たちであり、同年代の者が抱えた脆さなんでしょうか。ムカついた時に、異議申し立てや直接対立をするのではなく、不良行為をするでもなし、突如行動化してしまう(精神医学でいうacting out)、その行動化の度が極端なだけに見えます。
    ・従来型の通り魔に比べて、普通な人間が、こういう行動に走るようになってきたということは、ある種の社会の、本格的な破たんのようなものを想像させます。
    ・この年代の子たちは、平和や表面的規則・表面的建前が行き過ぎて和ということに拘りすぎ、嫌な上司や先輩や就職の不条理やクラスメイトとの詰まらない会話をすべて飲み込むという行動を強制されているようなかんじなのでしょう。そして、昭和生まれに比べ愚昧化されています。私もゆとり世代ですが、ゆとりとはまた違ったかたちでの、よりアメリカナイズというか洗練された愚昧化教育を受けたような世代です。ゆとり運動は、良かれと思ってされたし、また日本を良くしたい(と、少なくとも思索はしている)日本人が主導権を握っていました。
    ・愚昧化されて、巧妙な形で同調や常識に縛り付けられているので、問題意識も深まらないし思考できず、もっと穏当な行動化、で例えば「未成年煙草」を吸ったりもできないようです。ところが、いくら表面的ルールを守り、それを内面化しても、世の中の歪みが許せないんだ、「コムニケイソン」とか言わされて、けらけら嗤い転げる愚民にはなれないんだ、という独立心が出て来たんでしょう。つまり、やった事は許されませんが、「俺らはロボットではない」という反抗心が突っ走ってしまった事件群とも言えます。
    ・権力者たちがそうやって、不条理をすべて飲み込ませながら愚民をロボット操縦し、上だけが得をし、上手くやっているわい。という思い上がりに水を差す事件だから、もっとうまく反抗する若者なんかを殖やさない為にも、この手の事件を記憶させたくないのかなと思います。
    あくまで私見です。

/* i2iの解析コード  */