【火事/大阪】千里山田コーナンで火災!理由は?「3000平方メートルをほぼ全焼」

火事

大阪府で火事のニュースです。

火事が起きたのはコーナン千里山田店。近隣住民の驚きの声があがっています。火事の理由は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



火災日時と火災現場

火災日時:2018年11月28日
火災現場:大阪府吹田市山田北のホームセンター「コーナン千里山田店1号館」

火事現場はコーナン千里山田店1号館。毎日新聞他各メディアで下記のように報じられています。

 28日午前7時10分ごろ、大阪府吹田市山田北のホームセンター「コーナン千里山田店1号館」から黒煙が出ていると付近の住人から119番があった。市消防本部によると、鉄骨2階建ての店舗約3000平方メートルをほぼ全焼し、午後1時にほぼ消し止められた。

店は営業前で従業員はおらず、けが人はいないという。周囲に煙が立ち込め、府警吹田署によると、近くの介護施設や保育園から計約180人が近くの市立武道館に避難した。約640軒が一時停電した。現場は大阪モノレール山田駅の北東約400メートル。

出典:毎日新聞

火災現場を捉えた動画



現地の声

火災の理由

市消防本部によると、鉄骨2階建ての店舗約3000平方メートルをほぼ全焼し、午後1時にほぼ消し止められたということです。店は営業前で従業員はおらず、けが人はいなかったということが不幸中の幸いですね。出火原因が分かり次第追加していきます。



/* i2iの解析コード  */