【火事/埼玉】西武学園文理高校(西武文理)で火災!理由は?「サッカー部の部室燃えた」(2018年4月9日)

埼玉県で火事のニュースです。

火事が起きたのは埼玉県狭山市柏原新田にある西武学園文理高校(西武文理)。深夜に火がでており、近隣住民の驚きの声があがっています。火事の理由は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



火災日時と火災現場

火災日時:2018年4月9日
火災現場:西武学園文理高校(西武文理)

9日午前3時すぎ、狭山市柏原新田にある西武学園文理高校で火が出ていると近くに住む人から消防に通報がありました。

消防車16台が消火に当たり、火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、プレハブ造り平屋建ての建物2棟、合わせておよそ107平方メートルが全焼したほか、隣の倉庫1棟も一部が焼けました。消防によりますと、けが人はいないということです。

火事があったのは、体育館の西側に並んでいた、クラブ活動に使う部室が入った建物と倉庫で、警察と消防は9日朝から現場検証を行い、火事の原因を調べることにしています。

NHKより引用



現地の声

火災の理由

西武学園文理高校(西武文理)の部室として使われていたプレハブが燃えているということは分かっているものの火災理由ははっきりとしていません。ネット上のうわさによると、サッカー部と野球部の部室が燃えたということです。日曜から月曜にかけての深夜になにがあったのでしょうか。真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */