【悲報】斎藤恒雄(寒川町議会議員)中学生ひき逃げ!車で驚きの前科も…全然懲りてない…

斎藤恒雄町議

市民を代表する県知事が中学生をひき逃げするという仰天のニュースです。

ひき逃げの容疑で書類送検されたのは神奈川県寒川町の斎藤恒雄寒川町議会議員(76)。 横断歩道を渡っていた中学生を車ではねてけがをさせ、そのまま走り去った疑いがあります。本人の言い分と目撃者の証言が異なり…。また、過去に車での驚きの前科がありました。詳細を見ていきましょう。



事件概要

事件は去年12月に遡ります。

警察によると、寒川町の斎藤恒雄町議は去年12月、茅ヶ崎市の路上で軽自動車を運転中、横断歩道を渡っていた男子中学生に衝突し、救護せず走り去った疑いがもたれている。
斎藤恒雄町議
町議は被害者に「君が赤だったよな?大丈夫か」などと話しかけて走り去ったということだが、目撃証言などから、当時、斎藤町議が信号無視していたとわかった
斎藤恒雄町議「(被害者に)『大丈夫ですよ』と言われたんで、その場を離れてしまったのが、免許を持つ者の義務を怠ったことが自分自身悔いてならない」
斎藤恒雄町議
警察は近く、過失運転致傷などの容疑で書類送検する方針。
日テレより引用

事故現場の場所

事故現場は茅ケ崎市堤の県道とされています。

斎藤恒雄(寒川町議会議員)の顔写真やSNSなど詳細

斎藤恒雄町議

公約に掲げているスローガンをみてみましょう。

斎藤恒雄町議の公約

言い分と目撃証言がバラバラ!

斎藤恒雄町議

「(被害者に)『大丈夫ですよ』と言われたんで、その場を離れてしまったのが、免許を持つ者の義務を怠ったことが自分自身悔いてならない」

このように証言する斎藤恒雄町議。あくまでも被害者の中学生が赤信号を渡ったと主張しており、そのうえで「大丈夫と言われ、その場を離れた」といっていますが…

自転車に乗っていた男子生徒に約3週間のけがを負わせた上、そのまま逃走した疑いが持たれています。

全治3週間といったら、それなりの怪我でしょうし、もし大丈夫だと本人が仮に言っていたとしても病院につれていくのが大人の対応ではないでしょうか。男子生徒の親御さんもさぞ驚かれたでしょう。

ひき逃げの証拠隠滅をしようとしていた?

男性町議は事故直後、車を修理に出していたが、目撃情報などから捜査していた同署が車を発見した。車はフロントガラスが割れていたという。

事件直後、フロントガラスの修理に車を出していた斎藤恒雄町議。

フロントガラスは通常のガラスの3〜5倍ほど丈夫にできています。そのフロントガラスが割れるというのは、相当勢いよくぶつかったということではないでしょうか。

事故を起こしたならば警察に正直に申告すればいいものを、スルーして立ち去ったのは、過去に車での前科があったから気まずくて隠そうとしたのでは、という疑いもあります。

過去に死亡事故の前科が・・

2010年5月28日午後5時半ごろ、寒川町岡田6丁目の町道で、無職女性(74)=同町岡田=が寒川町議会議長斎藤恒雄さん(68)=同=の乗用車にはねられ、頭などを強く打って重傷を負った。茅ケ崎署によると、現場は信号機も横断歩道もない片側1車線の直線道路。女性は道路を渡っている際にはねられたとみられる。28日夕に寒川町岡田の町道で起きた交通事故で、寒川町議会の齋藤恒雄議長(68)の乗用車にはねられた同町岡田の無職女性(74)が29日午前2時半ごろ、搬送先の茅ケ崎市内の病院で死亡した。(引用元:神奈川新聞)

2010年にも自身が乗った車で死亡事故を起こしている斎藤恒雄町議。

今回中学生をひいたときに、その事故の記憶がフラッシュバックしたのではないでしょうか。

全治三週間の怪我を追わせたにも関わらず警察に向かうことをためらったのは、もしかするとこの過去が関係しているのでは、、と考えられます。

死亡事故を起こしているならばなおさら車の運転に気を使わなくてはならないのに、ひき逃げをしたというのが本当であれば全然懲りていないということになりますね。

斎藤恒雄町議も御年76歳。決してお若いとはいえません。この事件を機に、もう免許返納してはどうでしょうか。。



/* i2iの解析コード  */