【事件/中国北京】米国大使館付近で爆発音!自爆試みた女性拘束!?理由は?

中国北京で爆発の驚きの事件です。

爆発音があったのは中国北京の米国大使館付近。理由は一体なんだったのでしょうか。。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年7月26日に事件は起きてしまいました。

京の日本大使館の関係者によりますと、現地時間の午後1時ごろ、日本時間の午後2時ごろ、中心部にある各国の大使館が集まる地域で爆発のような大きな音がしたということです。また、付近の道路を警察などが封鎖していますが、詳しい状況はわかっていないということです。

出典;NHK

犯行現場の場所

犯行現場は中国北京の米国大使館付近です。

報道で公開された現場写真はこちら。

出典;NHK



爆発を起こした犯人の顔やSNSなど詳細

名前:不明(女性か?)
年齢:不明
住所:不明
職業:不明

報道では犯人の顔写真は公開されていません。

北京の米大使館前で自爆試みた女性拘束とのうわさがはいっていますが、定かではありません。

ネットの声

考察

米大使館前で自爆試みた女性がいたというのが本当なら、なぜそんなことをしたのでしょうか。テロ目的でしょうか。。

ネット上に掲載された現場とみられる映像では、大使館が集まる地域で白い煙がもくもくとうつっています。

現場周辺には日本やアメリカなど各国の大使館が集まっており、現場は日本の企業などが多く集まる商業地区に近い場所とのこと。

周辺では治安当局の白い車の前で、軍や警察とみられる関係者が警戒にあたっているようで、道路の一部が規制されてます。

不明点の多い事件なだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */