【事件】大塚繁昭さん殺された理由は?息子が消えた!「人ええのにね。事件性なんて絶対ないと思うけど」 (京都府京田辺市三山木野神)

大塚繁昭

施錠された密室で人のいいおじいさんが殺されていたという事件です。

殺されたのは京都府京田辺市三山木野神の民家の住人の大塚繁昭さん。85歳でした。近隣住民からの人望も厚いおじいさんがなぜ密室で殺されていたのか。。なんらかの事件に巻き込まれた可能性があります。詳細を見ていきます。



事件概要

事件は2018年3月12日午後8時頃にさかのぼります。

12日午後8時5分頃、京都府京田辺市三山木野神の無職大塚繁昭さん(85)方で、大塚さんが頭から血を流して倒れているのを帰宅した家族が見つけ、110番した。

大塚さんは病院に運ばれたが、死亡が確認された。京田辺市消防本部によると、大塚さんの頭部に傷があったという。府警田辺署が死亡の経緯を調べている。

 同署によると、大塚さんは1階の居間で倒れていた。家族が帰宅した際、玄関は施錠されていたという。

yomiuriより引用

施錠されていた家の居間で頭部に傷を負って倒れていたという大塚繁昭さん。

玄関や勝手口が施錠されていたということは、犯人が鍵を閉めて出て行ったということなのでしょうか。。

殺された大塚繁昭さんはどのような人物なのか調べてみました。

大塚繁昭さんの人物像など詳細

名前:大塚繁昭
年齢:85才
住所:京都府京田辺市三山木野神
職業:無職

報道では大塚繁昭さんの顔写真は公開されていませんでしたが、人物像が伺える近隣住民の声があがっていました。

「繁昭ちゃん 人ええのにね 世話好きやし」

「事件性なんて絶対ないと思うけど」

このように近隣住民も被害者を支持する声があり、人望ある人物であることが伺えます。



事件現場

事件現場は「京都府京田辺市三山木野神」の民家であることが報道で公開されました。こちらがその外観画像です。

大塚繁昭

大塚繁昭

住人の大塚繁昭さん(85)が居間で倒れているのを、帰宅してきた大塚さんの義理の娘が発見し110番通報しました。

カンテレより引用

こちらでは、亡くなった大塚繁昭さんと息子夫婦の3人で暮らしていたといいます。大塚繁昭さんの第一発見者は、息子の嫁である、義理の娘でした。

では、そのとき息子はどこにいたのでしょうか。

息子が消えた!キーパーソンか

この家に同居する大塚さんの息子と連絡が取れなくなっていて、警察は息子が何らかの事情を知っていると見て行方を追っています。

カンテレより引用

どうやら息子と連絡がとれていないようですね。。

大塚繁昭さんは息子と仲は良かったのでしょうか、もしくは険悪なものだったのでしょうか。

息子が被害者である説と、犯人説が浮上しますね。

前者なら犯人に拉致されて連絡が取れないということが考えられますし、後者なら鍵を持っているため、施錠して逃走しているという見方もできるため発見当時密室であったことも理解できます。

警察によりますと、玄関や勝手口には鍵が掛かっていて、部屋が物色されたような跡はないということです。

tvasahiより引用

部屋が物色された様子がない、ということなので、強盗というよりは明確な意思をもって殺害最多という見方が強い気もしますが、真相は定かでありません。

最近の街の防犯カメラの技術はすごいので、間もなく息子の行方も分かるのではないかと思うのですが、、

続報が出次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */