【事件】西葛西駅前のハイテクセガで強盗事件!3人組逃走中!犯人の特徴は?

大胆な強盗の手口です。

事件があったのは東京都江戸川区西葛西のゲームセンター「ハイテクセガ葛西店」。朝から警察や報道陣で葛西駅はざわつきました。3人組の強盗犯は逃走中ということで。。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年4月11日に事件は起きてしまいました。

11日午前8時ごろ、東京都江戸川区西葛西のゲームセンター「ハイテクセガ葛西店」の事務所に3人組の男が押し入り、男性社員(33)を羽交い締めにして「カネを出せ」などと脅し、金庫から売上金約200万円を奪って逃走した。男性社員にけがはなかった。警視庁葛西署が強盗事件として、逃げた3人組の行方を追っている。

出典;産経

犯行現場の場所

犯行現場は東京都江戸川区西葛西のゲームセンター「ハイテクセガ葛西店」です。

まだ開店前の事務所で事件はおこりました。



強盗犯人の顔や特徴など詳細

いずれも若い男とみられ、目出し帽やマスクで顔を隠していた。

名前:不明(男性)
年齢:10代〜20代か
特徴:目出し帽やマスク
職業:不明

今の所これといった特徴は割り出せてないようですね。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。

強盗の手口

犯行当時は開店前で、3人組は事務所のドアをノックして男性社員に開けさせたといいます。

羽交い締めにして「カネを出せ」などと脅し、金庫から売上金約200万円を奪って逃走したようです。

普通にノックして侵入するという大胆な手口。

開店前ということで、従業員男性も気が緩んでいたのかもしれませんね。

考察

ゲームセンターは小銭が集まるイメージなので200万もの大金があることに驚きました。

また、最近の防犯カメラはすぐれていますし、不審者を追うことはそう難しくもないのではないでしょうか。

未解決事件なので、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。

追記:犯人は契約社員!自作自演の嘘だった!

どうやら自作自演だったようです。内容をまとめました。

契約社員の自作自演の記事はこちら↓↓↓↓



/* i2iの解析コード  */