【奈良国道/バイク事故】運転手はだれ?事故原因はヤンキーの悪ノリか…乗り方がヤバい

奈良の国道で、未成年による悲惨なバイク事故が起きてしまいました。

バイクに乗っていた8人が病院に搬送され、そのうち奈良市内の17歳と18歳の男性4人と、身元がわかっていない男女2人のあわせて6人が死亡。17歳と14歳の女性2人が重傷です。

8人という人数に対して、発見されたバイクは3台。どんな乗り方をしていたのかも気になるところですが…。運転者情報など詳細を見ていきましょう。



奈良国道でバイク事故

2018年8月31日未明に事件は起きてしまいました。朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

31日午前2時20分ごろ、奈良市八条5丁目の国道24号の高架橋で、北進車線の大型オートバイ1台と原付きバイク2台が転倒する事故があった。この事故で、いずれも奈良市の18歳の男性2人と17歳の男性2人、身元のわからない男女の計6人が、搬送先の病院で死亡が確認された。14歳と17歳の女性2人が重傷の模様という。奈良署が事故原因などを調べている。

署によると、高架橋手前の国道24号交差点で信号待ちをしていたトラックの運転手から事故直後に110番通報があった。通報内容は「バイク数台が信号を無視して交差点を突っ切った。信号が青に変わって進むと、バイク数台が転倒し、複数の人が倒れていた」などという内容。

署に対して、トラックの運転手は「1台に複数人が乗っていた」と話しているという。事故で負傷した女性2人は意識があるといい、署は事故状況などを詳しく聴く方針だ。

現場はJR奈良駅から南西約2・5キロにある片側2車線のほぼ直線の道路。国道24号は奈良市中心街を通る幹線道路だが、事故当時は交通量が少なかったという。

出典:朝日新聞デジタル

事故現場は国道24号

事故現場は国道24号です。(住所:奈良県奈良市八条5丁目)

報道で公開された現場写真はこちら。

出典:朝日新聞デジタル

出典:ANN

国道24号は奈良市中心街を通る幹線道路ですが、事故が起きたのは午前2時20分ごろ。

交通量は少なかったといいます。

片側2車線の見通しのよい直線道路であり、事故は上り坂が終わり、下り坂にさしかかる部分で発生したのではないかとみて捜査が進められています。



運転手はだれ?地元ヤンキーの噂も…

いずれも奈良市の18歳の男性2人と17歳の男性2人、身元のわからない男女の計6人が、搬送先の病院で死亡が確認された。14歳と17歳の女性2人が重傷の模様という。

事故にあったのはいずれも未成年の若者たちでした。未成年者への配慮もあってか、報道では運転手の名前や顔写真は公開しておりません。

Twitter上によれば、地元のヤンキーではないかとの情報がありました。

未だ特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が公開され次第、随時お伝えしていこうと思います。

事故原因はヤンキーの悪ノリか

深夜2時という時間帯に、バイク3台で8人で走行。

ノーヘルメット、信号無視での惨事となってしまったようです。

ツイッター上では「よく見かけたヤンキー連中」との情報もあり、定かではありませんが、悪のりをしていたということは否めないでしょう。

「赤信号みんなでわたれば怖くない」という俗説もありますが、歩行者の信号無視はもちろん、スピードを出すバイクで、無茶な乗り方をすれば危険なのはあきらかです。

考察

深夜に仲間でバイクで繰り出すというのは爽快感があって楽しいでしょうが、お痛がすぎたようです。。

「危険なことをやってのける」ということを「かっこいい」と思ってしまっていたのでしょうか。

ノリで多少の無茶をすることは若者にありがちな行為ではありますが、それで命を落とす事故が後を絶えないことを悲しく思います。。

いずれにしても、ご冥福をお祈り致します。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

/* i2iの解析コード  */