【宮崎/殺人事件】高千穂町で民家6人殺人の犯人と動機は?温泉旅行帰りの悲劇か…

宮崎の民家で殺人事件の速報です。

事件があったのは宮崎県高千穂町押方の民家。犯人はまだ捕まっていないようです。犯行の動機は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年11月26日午前に事件は起きてしまいました。西日本新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

追記)犯人は次男で、投身自殺した可能性が浮上しました。

宮崎県警高千穂署によると、26日午前11時すぎ、同県高千穂町押方の民家で、小学2年生の女児を含む男女6人の遺体が発見された。遺体の一部に外傷があり、県警は殺人事件として捜査を始めた。  「一家に電話がつながらない」と親族から相談を受け、民家を訪れた警察官が、民家の屋外で女性1人、屋内で男性3人と女性2人の遺体を発見したという。  犯人が逃走している可能性があり、県警は、万が一に備えて無用の外出を控え、自宅などの施錠を徹底するよう呼びかけている。  関係者によると、一家のうち女児を含む親子3人は前日の25日午後まで熊本県阿蘇地方の温泉に旅行に出かけていたという。

出典;西日本新聞

犯行現場の場所

犯行現場は宮崎県高千穂町押方の住宅です。

報道で公開されたエリア情報はこちら。

宮崎殺人事件のエリア

出典;NNN 出典;TBS 民家の周りは緑にあふれ、のどかな場所であると伺えます。

グーグルマップだと下記エリアになります。

追記)犯人は次男で、投身自殺した可能性が浮上しました。



犯人の顔やSNSなど詳細

名前:不明
年齢:不明
住所:不明
職業:不明

報道では犯人の顔写真は公開されていません。

情報が出次第更新していきます。

追記)犯人は次男で、投身自殺した可能性が浮上しました。

犯人の動機は?

小学2年生の女児を含む一家殺人事件。犯人の目的は何だったのでしょうか。

いたいけな子供にまで手をかけるとは、並の神経とはかんがえられません。

この住宅には、7人から8人の家族が住んでいて、3世代が同居していたようです。うち女児を含む3人の親子は前日の25日午後まで熊本県阿蘇地方の温泉に旅行に出かけていたという情報もあり、まさか楽しい3連休のあとに、このような事件の被害にあうとはゆめゆめ思わなかったでしょう。。

追記)犯人は次男で、投身自殺した可能性が浮上しました。

考察

犯人もわからず不明な点が多い事件なだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */