【大阪地震/事故】三宅璃奈さん登校中の悲劇…寿栄小学校プールサイドのブロック塀は手抜き工事だった?

高槻市立寿栄小学校

大阪で起きた地震により、小さな命が絶たれてしましました。。

高槻市のブロック塀倒壊で亡くなったのは、寿栄小4年、三宅璃奈さん(9)。6月18日午前7時58分ごろ、 大阪市北区、大阪府高槻市、 枚方市、茨木市、箕面市で 震度6弱の地震があり、その犠牲となってしまったようです。。 通学途中での突然の悲劇。 あまりにも突然過ぎました。 詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年6月18日に事件は起きてしまいました。

高槻市によると、倒れたのはプールサイドの塀(高さ3・5メートル)のブロック塀の部分(高さ1・6メートル)で、延長約40メートルにわたって倒壊した。

近くに住む女性(64)は、三宅さんの救助に行った人から「子どもが塀の下敷きになった」と事故の知らせを聞いた。「ちょうど通学時間で、子どもが列をつくって通っているようなところ。こんなことが起きるとは」と話した。

近所に住む男性(78)は、地震の約10分後、三宅さんがブロック塀の下敷きになっているのを見た。「ランドセルが塀から出ているのが見えた。かわいそうで仕方がない」と話した。

出典;朝日新聞

大阪府は午前9時半から府災害対策本部会議を開いた。この直前、情報収集を進める府危機管理室の一室では、「人的被害がでた! 9歳女の子!」と叫び声があがり、緊迫した表情で職員らの出入りが続いた。

地震直後、高槻市内では各地でサイレンが鳴り響いた。JR高槻駅では数千人の通勤・通学客が携帯電話を手に、連絡を取ろうとしていた。改札口近くの天井からは大量の水が漏れ落ち、水浸しとなった。駅近くでは登校中の児童が泣き叫び、路上にうずくまる子もいた。

出典;朝日新聞

事件現場の場所

事件現場は高槻市立寿栄小学校です。

報道で公開された現場写真はこちら。

高槻市立寿栄小学校

出典;朝日新聞

壁は、もろくなっていたのでしょうか。。ネット上では次のようなコメントもありました。

三宅さんは学校に到着する目前で事故にあったもの。

登校時間だったことから、他にもこの道を歩いていた生徒がいたことが予想されていますが、被害の情報は入ってきておりません。

三宅さんの自宅から小学校までは徒歩5分から~10分圏内。

3年以上通学していた道でまさかこのような事が起こるとは、本人も身内の方も予想ができなかったことでしょう。



三宅璃奈さんの顔など詳細

名前:三宅璃奈(みやけりな)
年齢:9歳
住所:高槻市川添1丁目
職業:高槻市立寿栄小学校4年生

報道では三宅璃奈さんの顔写真は公開されていません。情報が入り次第更新します。

ブロック塀は手抜き工事?ネットの声

高槻市の謝罪

ブロック塀倒壊をうけ、高槻市長から謝罪のニュースが入りました。

考察

役所も、情報収集に当たるのは精いっぱいで、次の対応を取ろうにも、現場が混乱していたことでしょう。

普通の事故ではなく、自薦災害というものは、一度に多数の施設や被害をもたらします。

どうしても、その現場に向かうまでも、2次災害の危険をはらんでおり、現場の判断がとても難しい状況だったのではないかと。

まだまだ地震は続く可能性があります。
2次災害、3次災害が出ないように祈るばかりです。



/* i2iの解析コード  */