【民泊監禁事件】バイラクタル容疑者の両親が語る息子の人物像!近藤早紀以外にも女を連れ込み…

イラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者

大阪と京都両府内の民泊施設・山中で切断遺体が見つかった事件で、バイラクタル容疑者の両親のインタビューが決行されました。

両親が語るバイラクタル容疑者の人物像は、猟奇的な殺人を起こした犯人像とは似ても似つかず。。また、近藤早紀さん以外にも民泊マンションに女性を連れ込んでいたことが判明しました。詳細を見ていきます。



事件概要

バイラクタル容疑者の義理の父親がインタビューで、バイラクタル容疑者のことを、おとなしい子供だったと話しました。

アメリカで取材に応じた男性は、10年ほど前までバイラクタル容疑者と一緒に生活していた。

イラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者

容疑者の元義理の父親・デイシー氏「(事件を聞いて)本当にショックでした。私の近くにいるときは静かでシャイだった

イラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者

バイラクタル容疑者は当時10代だったが、同居していた頃、大きなトラブルはなかったという。

デイシー氏「私の知る限り、問題はなかった。動物にも他人にも優しかった。(Q:容疑者は日本やアジアに興味があったか?)日本などに興味があったか覚えていない。ビデオゲームに興味があった

イラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者

一方で、バイラクタル容疑者の母親はNNNの取材に「息子は日本人女性と結婚するのが夢だった」と話している。

NNNより引用

少年期のバイラクタル容疑者

少年期のバイラクタル容疑者の顔写真がこちらです。

イラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者

当時10代だったバイラクタル容疑者。

目鼻立ちが整い、女性に好まれそうな容姿をしています。

海外では日本に比べ少年の非行が派手な印象がありますが、そんな目立った大きなトラブルも起こさない温和な少年だったようです。

陸軍時代のバイラクタル容疑者

陸軍時代のバイラクタル容疑者の顔写真がこちら。

イラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者

陸軍のトレーニングはきっと過酷でしょう。

体型も、一般男性よりは筋肉質で、肉体美も整っていたのではないでしょうか。

その肉体美で日本の女性を翻弄するために日本にやってきたのか。。

バイラクタル容疑者の日本滞在は、今回が初めてではありませんでした。



来日は何度も経験。土地勘があったのか…

バイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)が昨年中に少なくとも3回来日し、香港などアジアから日本に入国していたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。今回は韓国・釜山から入っていた。

sankeiより引用

バイラクタル容疑者は去年だけでもなんと3回も来日していたんですね。よほど日本が好きだったのでしょうか。。目的がなんで会ったのかが気になるところです。

遺体が捨てられていた山中は、地元のひとでも知る人ぞ知るといった、土地勘がないとわからないような場所でした。

もし、日本女性にいたずらした後に解体することが目的だったのだとしたら、捨てる場所を念入りに下調べしていた可能性もあるのではないでしょうか。。

民泊マンションには何人もの日本女性を連れ込み…

このマンションには、同容疑者が他に4、5人の女性を連れ込んでいた。

sankeiより引用

驚いたことに、バイラクタル容疑者が民泊マンションに連れ込んでいたのは近藤早紀さんだけではありませんでした。

マッチングアプリのTinderで、とっかえひっかえ日本女性と一夜を共にすごしていたようです。

今回犠牲者とならなかったこの女性たちは、ニュースを見て肝を冷やしたのではないでしょうか。

SNSで知り合った初対面の異性と、かんたんに密室に行ってはならないとよく分かる事件ですね。。



/* i2iの解析コード  */