【渋滞】名神高速上り 関ヶ原付近で事故!理由は?「バスに大型トラックが突っ込んだ…怖い」(2018年3月26日)

名神高速で事故・渋滞のニュースです。

事故が起きたのは名神高速上り 関ヶ原付近。渋滞に巻き込まれた人たちの悲鳴があがっています。事故・渋滞の理由は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



日時と現場

火災日時:2018年3月26日
火災現場:名神高速上り 関ヶ原付近

26日午後4時40分ごろ、岐阜県大垣市の名神高速道路・上り線で、大型バスにトラックが追突した。消防などが出動して乗客の救出に当たっているが、トラックの運転手が意識不明だという。さらに数人が搬送されたという情報が高速道路交通警察隊に入っている。


また、事故にはもう一台、大型バスが絡んでいるという情報もある。
現場は関ヶ原ICと大垣ICの間だという。

日テレより引用



現地の声

事故・渋滞の理由

事故・渋滞の理由は、大型バスに大型トラックが突っ込み、さらにもう一台追突するという3台が絡んだ大事故のようです。

消防などが出動して乗客の救出に当たっているが、トラックの運転手が意識不明ということです。

トラック運転手はなぜバスにぶつかってしまったのでしょうか。。居眠りなどの可能性も考えられますが、真相は明らかになっておりません。

続報が出次第追記していきます。



/* i2iの解析コード  */