【虐待/大阪】松崎大治容疑者の顔画像やSNSは?妻や動機は?「トイレから戻ったら次男がソファから落ちてた」

生後6カ月の次男を暴行して死亡させたようです。

大阪府警捜査1課は12日、大阪市此花区西九条3、自称アルバイト、松崎大治(たいち)容疑者(22)を傷害致死の疑いで逮捕しました。なぜ自分の息子にそんなむごいことができたのでしょうか。。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2017年12月17日に事件は起きてしまいました。

生後6カ月の次男を暴行して死亡させたとして、大阪府警捜査1課は12日、大阪市此花区西九条3、自称アルバイト、松崎大治(たいち)容疑者(22)を傷害致死の疑いで逮捕した。「何もしていない」と否認しているという。

逮捕容疑は昨年12月17日、当時住んでいた同市淀川区のマンションで次男に何らかの方法で暴行し、今年1月6日、急性硬膜下血腫などで死亡させたとしている。

 府警によると、当時妻は仕事で外出し、松崎容疑者は次男と長男の計3人で自宅にいた。帰宅した妻が異変に気付いて119番した。司法解剖などの結果、次男の脳内が広範囲に出血していたほか、左腕の骨折や顔にあざなどもあり、府警は虐待とみて調べていた。

 松崎容疑者は逮捕前、毎日新聞の取材に「トイレから戻ったらソファの上にいた次男が床に落ちていた。僕は(暴行)していない」と虐待を否定していた。

出典;毎日新聞

出典:FNN

犯行現場の場所や妻は?

犯行現場は大阪市此花区西九条3です。

大阪環状線 の「西九条駅」の付近にある住宅地が事件のあった現場です。

自宅マンションだと報じられているものでありますが、この地域には多数のマンションがあり特定にはいたっていません。

新たな情報が入り次第、追記していきたいと思います。

松崎大治の妻については外に仕事に出ている女性ということ以外には分かっている情報はないです。



松崎大治の顔やSNSなど詳細

名前:松崎大治(まつざき たいち)
年齢:22歳
住所:大阪市此花区西九条3
職業:自称アルバイト

報道で公開された松崎大治容疑者の顔写真はこちら。

出典;毎日新聞

SNS情報(facebook,twitter,instagram)の調査結果、Facebookアカウントで同姓同名のものが見つかったのですが、情報が少なかったため特定にはいたりませんでした。

もしSNSアカウントがあれば、松崎大治容疑者の子どもと一緒にいる投稿があったかもしれませんね。

犯行動機は?

では、いったい犯行の動機は何だったのでしょうか?
府警によると、当時妻は仕事で外出し、松崎容疑者は次男と長男の計3人で自宅にいたようで、帰宅した妻が異変に気付いて119番しました。司法解剖などの結果、次男の脳内が広範囲に出血していたほか、左腕の骨折や顔にあざなどもあり、府警は虐待とみて調べていました。

松崎容疑者は逮捕前の毎日新聞の取材に対し「トイレから戻ったらソファの上にいた次男が床に落ちていた。僕は(暴行)していない」と虐待を否定していたとされているとともに警察の取り調べに対しても「何もしていない」と容疑を否認しています。

では、次男が急性硬膜下血腫で救急車で運ばれたとされていますがどのような原因でなってしまうのでしょうか?

急性硬膜下血腫発生の原因のほとんどが頭部外傷によるものです。最も典型的な発生のしかたは、頭部外傷により脳表に脳挫傷が起こりその部の血管が損傷されて出血し、短時間で硬膜下に溜まるというものです。

出典:NeuroInfo Japan

外傷によるものであるとされています。

今回の事件の場合、急性硬膜下血腫以外にも体中にあざがあったということなので、虐待の疑いが出ていますが、供述の通り「ソファ」から勢いよく落ちてしまい頭を打った場合でもなってしまう可能性があることが言えます。

しかし虐待がもし本当にあった場合、次男が亡くなったその1日だけでは体中にあざができることは考えにくく、もしかすると日頃から行われていた可能性が高いと考えられます。その場合なぜ母親が守れなかったのかという疑問もありますが、DVのように警察にも相談できない状態であったとすると、今回あまりにもひどかった為に母親が救急車を呼び、事件が明らかになったと考える事もできます。

考察

事件の犯行動機については、松崎容疑者が容疑を否認しているため、現時点で発表はされておりません。

「自分は何もしていない」と供述し否認しているものですが、状況的に家にいたのは長男と次男、それに松崎大治の3人のみ。

「ソファに寝かせていたら落ちて大泣きした」

「あやしていたら暴れたため、手があごに当たった」

と供述しているようですが、それだけで脳内に広範囲の出血が確認され、死亡してしまうのかは大変疑問であり、嘘の供述をしているのではないかと感じる方も多いのではないでしょうか。

長男が何歳なのかは分からないですが、それほど大きくないことを考えると、この長男がこれほどの暴行を加えることは考えにくいですね。。

となると、状況的に松崎大治が犯行に及んだ可能性が高いにも関わらず、なにかを隠すような供述をしているのは、自分の中にやましいことがあることの裏返しなのではないでしょうか。

「しつけのため」「言うことを聞かないから」「泣き止まないから」このような理由をつけて子供を虐待する親は、報道されているだけでも数多くあります。

しかしながら、自分への子供への虐待は究極の弱い者いじめだと言えます。

またしても幼い子供が虐待を受けたり、殺害されたりという事件が起きてしまいました。

なぜ、このようなことは無くならないのでしょうか?どうすれば無くなるのか?をすべての人々が考え行動をしないと無くなる事はないと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

/* i2iの解析コード  */