ママタレ戦国時代!女が見る好きとうざいの分かれ目とは…

好きなママタレ1位は杏

この季節になると、芸能人のママタレが自分の格付けのために子どもにお受験させていると話題になります。高級車やアクセサリーと同じように子供の受験合格を「ハイブランド」として身につけていると捉えられてしまう嫌われ者のママタレとは…

女から好かれるママタレ嫌われるママタレの差は…



女から好かれる好感度の高い人気ママタレ

好きなママタレランキング(2017年上半期)
1位 杏
2位 三田寛子
3位 乙葉
4位  小原正子
5位  山口もえ
6位  北斗晶
7位  里田まい
8位  ギャル曽根
出典;アサジョ

好感度ママタレの堂々一位は自然体で愛されるさん。

朝ドラ「ごちそうさん」で共演した東出昌大さんと結婚し、2016年に双子の赤ちゃんを出産したばかり。ママタレとしてはフレッシュな印象です。

女優としてもモデルとしても一流なのに、気さくで自然体な女性らしさが愛される秘訣でしょうか。料理もでき、歴史好きという知的な一面もあり、健やかな女性像ですね。

杏さんが嫌いだという人はなかなかいないように思います。
旦那さんも温厚そうで、理想の夫婦像として憧れますね。

@500gがシェアした投稿

2位は夫に歌舞伎役者の中村橋之助をもつ三田寛子さん。

夫の不倫騒動のときの会見での謝罪が名演説だと絶賛されました。

「夫婦で今まで至らない点を支え合って助け合って頑張って参りましたけれど、まだまだ主人も私もお互い至らない点多々ございまして、このように突然芸のこと以外のことでお騒がせしまして、深く深く夫婦で主人も、私も至らない点もありますので、反省しております」

離婚についてはないです、と笑顔で否定し、その堂々とした明るい立ち居振る舞いと夫への慈愛が視聴者に感嘆のため息をつかせました。

3位は藤井隆さんとおしどり夫婦として有名な乙葉さん。
最近はメディアの露出は少ないものの、ママタレとしてガンガン前に出ようとする肉食系ママタレが多いなかで、家族を優先するからこその控えめな姿勢が、夫をたてるいい妻として人気が根強くあるのかもしれません。

女からウザいと嫌われがちなママタレ

嫌いなママタレランキング(2017年上半期)
1位 神田うの
2位 安藤美姫
3位 カイヤ
4位 加護亜依
5位 紗栄子
7位 辻希美
出典;アサジョ

嫌いなママタレとしてぶっちぎりで名が上がってしまう神田うのさん。


神田うのさんはセレブネタを多く挙げるKY(空気が読めない)キャラということで叩かれています。

交通手段はヘリコプターが多いようで、娘の合宿先に行く様子をインスタにあげるなど、そのセレブっぷりをしれっとインスタにアップしたことで話題になりました。

#精進湖 まで #あっという間 の#40分 🚁 #ヘリコプター #機内 #空移動 #shojilake #helicopter #神田うの #unokanda

Uno Kandaさん(@unokandaofficial)がシェアした投稿 –

経済的に恵まれた環境下で育ち、大企業の経営者と結婚し、自身でもアパレルブランドを立ち上げるなどの経済状況から、金銭的な感覚が一般人とずれてしまうことはしょうがないのかもしれませんが。。

視聴者によりそう姿勢や謙虚さの愛嬌がみられたら、セレブネタもおもしろおかしく受け入れられるのではないでしょうか。

お高くとまっていると嫌われてしまうのは勿体無いですね。

元モーニング娘の加護亜依さんと辻希美さんの元モー娘。は奇しくも嫌われ者のくくりでランクインしてしまいました。

辻希美さんに関してはブログの広告収入が月刊500万円超と成功している一方で、サングラスで授業参観をうけたり、自分のブログの写真にうちの子を入れるなといった苦情が入ったりと炎上率も高いのです。

サングラスに関しては有名人なので視線を遮断したり盗撮が気になったりするのもあるのかもしれませんね。ブログも他人の顔はスタンプで消すなどの配慮はしているようなのですが、それでもいやだと言われてしまうようです。

マスコミがリークした近頃評判の悪いママタレ

元AKB48で夫にアレクサンダーさんをもつ川崎希さん。

アレクさんは浮気しがちで妻にお仕置きを受けている尻に敷かれた夫として世間で知られていますが、夫のカーセックス不倫がフライデーで報じられたときに、自身のブログでネタにしてからは炎上商法だとひかれてしまいました。

とはいえ夫の不倫が嫌でないという女性はいないのではないでしょうか。
どうせ起こったことならネタにしてしまえ!という芸能界で生きるしたたかを感じもします。

行列のできる法律相談所で美人弁護士としてお茶の間に知られた大渕愛子弁護士。

大渕愛子弁護士は、子どもの顔出しについて、母親のエゴだし子どもの安全のためによくないと批判を受けています。

子どもの写真をSNSに出すことが世間で多くなりましたが、ネットリテラシーがないと写真に現在地情報があったり、目をつけられたり特定される危険性はあります。

一般人も気をつけなくてはならないのに、注目を集める著名人はなおのこと配慮と自覚が必要かもしれませんね。

元おニャン子クラブの渡辺美奈代さん。

長男の溺愛ネタとして、息子のスマホにGPSアプリの導入を考えたり常に所在地を確認するためのこまめな連絡を告白。

ただ、その息子というのはもう成人。

子離れできてない、ダメな母親の烙印を押されてしまいました。

息子さんを大事にすることは素敵なことですが、適量でない愛情の注ぎ方は子どもの自立や成長に悪影響が懸念されます。

関心の対象を息子さん以外にも見つけられるといいですね。。



子どもをインターナショナルスクールに通わせるママタレ

インターナショナルスクールとは英語で授業を受けさせる学校。
アメリカの幼児教育理論をもとに、クオリティの高い授業が期待できます。

神田うの
小雪
梨花
吉川ひなの
紗江子
木下優樹菜
松嶋菜々子
東尾理子

例えば上記のママタレが我が子をインターナショナルスクールに通わせているそうです。

なかでも神田うのさんは、娘により高度な授業を受けさせたいと、「ドルトンスクール」「清泉インターナショナル」と転園させていったと噂されています。

年間150万円ほどするインターナショナルスクールにポンと転園させたれる経済力はさすがですが、やっかみの対象となる行動にも繋がりそうですね。。

子どもを私立お受験させるママタレ

菅野美穂
山本モナ
青木裕子

菅野美穂さんは2歳の我が子のために、もう小学校の見学もいっているようです。

私立のメリットはまずはセキュリティがしっかりしていること。
芸能人はマスコミやファンに目をつけられやすいので懸念しますよね。

また、一貫校の場合は小中高と受験なしで進学できる場合も多々あるので、それも強みですね。

子供を公立に通わせるママタレ

辻希美・杉浦太陽
庄司智春・藤本美貴
瑛太・木村カエラ
中田敦彦・福田萌

公立は私立に比べてセキュリティ面は弱いかもしれませんが、
誰とでも仲良くなれるような強くたくましい育て方をしたいと考えているならいいかもしれません。

また、経済的な面でも、私立と公立はやはり全然違ってくるので、人気商売で安定した収入がとれるかどうか、、という場合にも選択肢としていいですよね。

芸能人ママタレ5代派閥

芸能界ママタレグループは、下記の5つに分類されると言われています。

坂下会(坂下千恵子、山口もえ、MEGUMI、久保純子など)
ママモデルグループ(紗江子、東原亜希、住谷杏奈など)
あかね会(大沢あかね、辻希美、藤本美貴など)
うの会(神田うの、伊東美咲、倖田來未、梨花、千秋など)
女優会(篠原涼子、広末涼子、小雪、長谷川京子、井川遥、木村佳乃など)
出典;アサジョ

一般人でも派閥はありますが、
芸能界も当然仲がいい悪いはあるのですね。

ママタレの需要

バラエティや情報番組、料理番組などさまざまな面で、お茶の間の一般主婦に寄り添った意見をいえるママタレ。

人気があるのはやはり、「自然体で家族に愛をむけている」「子供がいるのに女性として美しい」「お茶の間によりそった感覚がある」という観点が強そうです。

逆に嫌われるのは、「金銭感覚が一般と違いすぎて妬ましいし嫌味だ」「いい妻アピールのプッシュが強すぎる」「お高くとまっている」といった、お茶の間をのズレから生まれていそうです。



/* i2iの解析コード  */