【沖縄・宜野湾市真栄原/殺人事件】50代女性刺した犯人は誰?死因は刃物か…

包丁

沖縄県で殺人事件です。

宜野湾市真栄原のアパートの1室で50代女性が死亡。刃物で刺された痕跡があります。犯行の動機は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年8月15日に事件は起きてしまいました。朝日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

15日午後1時40分ごろ、沖縄県宜野湾市真栄原1丁目のアパートの一室で、この部屋に住む50代の女性が死亡しているのを、家族が見つけ、110番通報した。刃物で刺されたような痕があり、県警は殺人容疑で捜査を始めた。

出典;朝日新聞

犯行現場の場所

犯行現場は沖縄県宜野湾市真栄原1丁目のアパートの一室です。

付近には公園や学校など子どもも多そうです。



犯人の顔やSNSなど詳細

名前:不明
年齢:不明
住所:不明
職業:不明

報道では犯人の情報は特定されていません。

なにか分かり次第更新していきます。

ネットの声

まとめ

殺された女性と犯人の間にどのような関係があったのでしょうか。。

犯人は逃走中のようですので、沖縄県宜野湾市真栄原付近の方々は不要不急の外出は避け、戸締まりを徹底するようにしてください。

不明な点の多い事件なだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。

追記:19歳少年逮捕か

沖縄県宜野湾市のアパートの一室で女性の遺体がみつかった。警察は、事件に関与したとみられる19歳の少年の身柄を確保し事情を聞いている。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

警察によると15日午後1時40分頃、宜野湾市のアパートの一室の寝室で、この部屋に住む59歳の女性が胸から血を流して倒れているのを女性の娘がみつけ110番通報した。女性はすでに死亡していて、左胸に刺し傷があったという。

警察は殺人事件とみて調べていたが、15日夕方、事件に関与したとみられる19歳の少年の身柄を確保して、事情を聞いている。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

引用:日テレ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

/* i2iの解析コード  */