【火事】JR神戸線 三ノ宮~元町駅間で沿線火災!原因は?「高架下のバーが炎上」(2018年4月8日)

JR神戸線で沿線火災のニュースです。

沿線火災が起きたのはJR神戸線 三ノ宮~元町駅間の高架下。巻き込まれた人たちの悲鳴があがっています。沿線火災の理由は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



日時と現場

日時:2018年4月8日
現場:JR神戸線 三ノ宮~元町駅間の高架下



現地の声

沿線火災の原因

沿線火災ということは分かっているものの原因ははっきりとしていません。

神戸市中央区北長狭2の高架下のバーが燃えているのが沿線火災の原因だという噂がネット上ではありました。

真相が分かり次第こちらに追記していきます。

追記

どうやらネット上の噂通り、高架下の飲食店が火元だったようです。

怪我人はいないようでなによりですね。

 8日午前0時半ごろ、神戸市中央区北長狭通2のJR神戸線高架下の飲食店付近から出火、約10平方メートルを焼いた。けが人はいなかった。

 この影響でJR西日本は三ノ宮-西明石間の下り線で一時運転を見合わせた。

 現場はJR元町駅の東約200メートルの繁華街。現場付近は通行人らが集まり、一時騒然となった。

神戸新聞NEXTより引用



/* i2iの解析コード  */