【悲惨】古関耕成巡査の自殺原因とSNSは?先輩警官の裸を舐めさせられ…パワハラが泣ける…

古関耕成巡査

警察が内部のいじめで自殺というショッキングなニュースです。

警察内で自殺したのは神奈川県警泉警察署所属の古関耕成巡査。まだ25歳の青年でした。古関耕成巡査の両親曰く、自殺は署内における「いじめ」「パワハラ」が問題だというのです。そのパワハラの内容が、市民を守る警察とは思えないような聞くに耐えないぞっとするもので…。詳細を見ていきます。



事件概要

古関耕成巡査が自殺したのは2016年3月のことでした。

横浜市の警察署で拳銃で自殺した25歳の巡査について、巡査の両親はパワハラなどで精神的に追い詰められていたのに、上司らが配慮せずに拳銃を持たせて勤務させたことが自殺につながったとして、神奈川県に賠償を求めて提訴しました。

訴えを起こしたのは、平成28年3月、横浜市の泉警察署で拳銃で自殺した当時、地域課に所属していた古関耕成巡査(当時25)の両親です。

訴えによりますと、古関巡査は上司や先輩から嫌がらせを受けていたうえ、自殺の数日前に業務のミスを厳しく叱責されて「お前はみんなから嫌われている」と言われたり、足を蹴られたりするなどのパワハラを受けたとしています。

NHKより引用

体育会系の悪ノリが蔓延していたのでしょうか。。

「お前はみんなから嫌われている」と人間性を否定され、非条理な体罰があったというのが警察内部だというのだから驚きです。

被害者の古関耕成巡査はどんな人物だったのでしょうか。。

古関耕成巡査の顔写真やSNSなど詳細

名前:古関耕成(こせき こうせい)
年齢:25才
職業:神奈川県警泉警察署の巡査

報道で後悔された古関耕成巡査の顔写真はこちらです。

古関耕成巡査

色白で線が細い小顔な印象ですね。

屈強な体育会系の先輩に目をつけられたのだとしたら、体力的にも敵うことは難しそうかもしれないと少し同情してしまいます。。

もしかしたらいじめやパワハラについてふれているかもしれないとSNSも探してみたのですが、facebookで同姓同名のアカウントを発見したものの、顔写真がなかったため特定にはいたりませんでした。

もしSNSアカウントがあれば、警察官に就職してからの日々を綴っていたかもしれませんね。

古関耕成巡査の自殺した現場

古関耕成巡査が自殺したのは、自身が勤めていた神奈川県警泉警察署です。

その男性トイレで、自身のピストルの引き金をひいて自殺をしたという古関耕成巡査。

死に対してのメッセージを感じます。。



古関耕成巡査の自殺原因はパワハラか

古関さんの両親は12日、耕成さんがパワハラにより不安定な精神状態だったにもかかわらず、拳銃を持つ業務に就かせたとして慰謝料などを求めて県を訴えました。訴状などによりますと、耕成さんは飲み会で裸になった先輩の体に付けたアイスをなめさせられたりしていたということです。

tvasahiより引用

古関耕成巡査の両親曰く、古関耕成巡査は先輩にひどいパワハラをうけていたとのこと。

・「みんなお前のことが嫌いだ」と罵る

・ミスをねちねちつついて蹴りつける

・飲み会で裸になった先輩の体についたアイスを舐めさせる

このような肉体的にも精神的にもつらいことをさせられていたということ。

特に裸を舐めさせるというくだりは聞いて呆れます。

この報道内容が本当だとしたら、飲酒を覚えたばかりの大学生の飲みサークルの悪ノリとでもいうような稚拙な内容ですね。

職場での自殺はパワハラ上司への恨みのメッセージか

「どう生きるか」と同じくらい、「どう死ぬか」というのは自己表現が問われるものではないでしょうか。

目立たない場所でひっそりと死にたいと願う人もいれば、名を残すような派手な死に方をしたい、もしくは「あいつだけは許さない」といったメッセージもあるかもしれません。

職場のトイレで拳銃で死ぬというのは、いわば派手な死に方だという捉え方もできるかと思われます。

職場の人間に、自分の存在を刻み込むにはインパクトが大きいものではないでしょうか。

もしかしたらそんなことはつゆとも考えておらず、職場で業務中に精神的に参ってしまい、朦朧とした心持ちで所持していたピストルを手にかけたということも考えられますので、一概にとは言えませんが・・・。

死に場所に職場を選んだのは、どういう意図があったのか気になるところではありますが、死人に口無しとなった現場推測するよりほかはありません。

考察

警察内部の悪い報道を聞くたびに、警察も人の子であって聖人君子ではないということをよく思います。

せっか良い警察官もいるのに、一部の悪行が横行しているせいで、警察の威厳や尊厳が失われてしまうことに思いを馳せはしないのでしょうか。

体育会系なのが悪いのではなく、体育会系の「悪ノリ」が悪いのです。

巡査の両親は会見を開き、「亡くなった経緯を警察に聞いても詳しいことは何も知らされませんでした。息子の名誉と人生を取り戻してあげたい」と話していました。

警察内部でもみ消されるということがあってはなりませんし、先輩の裸についたアイスを舐めさせれるというような屈辱があったのが本当なら、ご両親が死んだ息子の名誉を回復させようというのはごく自然なことでしょう。

市民に規律を守らせる立場であるならば、そういった内部情勢の見直しをしていってほしいものですね。



/* i2iの解析コード  */