【人身事故】近鉄名古屋線塩浜駅で人身事故!原因は?「塩浜駅血だらけマジ?」(2019年2月6日)

人身事故

近鉄名古屋線で人身事故のニュースです。

人身事故が起きたのは近鉄名古屋線塩浜駅。巻き込まれた人たちの悲鳴があがっています。人身事故の理由は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



日時と現場

日時:2019年2月6日

現場:近鉄名古屋線塩浜駅



現地の声

人身事故の原因

人身事故ということは分かっているものの原因ははっきりとしていません。

仮に自殺だとしたら、首都圏で発生した輸送トラブルのうち、自殺の影響額は平均8900万円と試算されていますし、乗車客にも影響があるのはもちろん、肉片を拾ったり清掃しなければならない駅員さんが不憫ですよね。。

鉄道はブレーキをかけても急には止まれませんし、仮に様子が変な人がホームにいても、嫌な予感がしても、運転士さんは電車を急に止めることはむずかしいでしょう。自殺者が電車進入の直前に飛び込むとすると、頭が前面ガラスに激突し、運転士さんの目の前でむごい死を遂げることになります。

よく人身事故のアナウンスがあったときに、家に帰れないと沿線を恨む乗客のネットでの声も多く見かけますが、駅員さんもまた被害者なのだということを覚えておきたいですね。

人身事故の真相が分かり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */