【事件】木戸義弘の顔とSNSは?生後2か月柚希ちゃんをゆさぶり殺害! 驚きの理由とは…

赤ちゃん

生後2ヶ月の赤ちゃんが父親に殺されてしまったようです。。

逮捕されたのは木戸義弘容疑者(37)。自宅アパートの寝室で、娘の柚希ちゃんを複数回激しく揺さぶり、急性硬膜下血腫で死なせた疑いです。犯行の動機は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年6月9日に事件は起きてしまいました。

逮捕容疑は、6月9日午後11時ごろ、自宅アパートの寝室で、娘の柚希ちゃんを複数回激しく揺さぶり、急性硬膜下血腫で死なせた疑い。

同署によると、同日午後11時20分ごろ、20代の母親が「子どもの息が弱くなり、嘔吐(おうと)している」と119番。心肺停止状態で病院に搬送されたが、翌10日の朝に死亡が確認された。

病院が「頭蓋内に出血がある」と通報。木戸容疑者は当初、「あやしていただけ」と説明していたが、県警はその後の捜査で未必の故意があったと判断した。

出典;時事通信

犯行現場の場所

犯行現場は福岡県古賀市今の庄の容疑者が住むアパートです。

報道では建物の画像は公開されていません。

アパートで柚希ちゃんの泣き声は響いていなかったのでしょうか。。



木戸義弘の顔やSNSなど詳細

名前:木戸義弘
年齢:37
住所:福岡県古賀市今の庄
職業:建設作業員

報道では木戸義弘容疑者の顔写真は公開されていません。

SNS情報(facebook,twitter,instagram)の調査結果、Facebookアカウントで同姓同名のものが見つかったのですが、情報が少なかったため特定にはいたりませんでした。

もしSNSアカウントがあれば、木戸義弘容疑者と娘の柚希ちゃんが映った投稿があったかもしれませんね。

動機は育児疲れか?

生後2ヶ月の赤ちゃんを激しく揺さぶった結果、頭蓋内に出血させたようです。

赤ん坊は生後2ヶ月をすぎるとだんだん首がすわってくるものの、デリケートに扱わなければならないもの。

やっていいことと悪いことの分別もつかなくなるような衝動にかられたのでしょうか。。

木戸容疑者は当初、「あやしていただけ」と説明していたが、県警はその後の捜査で未必の故意があったと判断したようです。

考察

育児は楽しいことだけではありません。

夜泣きもしますし、突拍子もない行動に驚かされることもしばしばです。

それに怒りをかんじ、つい手をだしてしまうという事例もニュースで多く目にします。

しかし、我々大人も、誰しもがもともとは赤ん坊で、夜泣きで親を困らせ、多くの人の手を借りて育ったはずです。

大人になるとそのときの記憶は抜けおち、「なんで自分ばかりこんなに困らされるんだ」と悲観しがちなのかもしれません。

難しいかもしれませんが、手を出す前に一度深呼吸し、落ち着いて育児と向き合ってほしいものですね。。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */