【発砲/逃走】河瀬駅前交番で同僚撃った犯人巡査の詳細!19才が41才先輩にたてついた動機はパワハラか

若い新米巡査が先輩巡査に牙をむいたようです。

話題になっているのは滋賀県彦根市南川瀬町の彦根署河瀬駅前交番で勤めていた大西智博容疑者(19)。先輩にあたる井本光巡査部長(41)に発砲して死なせ、逃走し逮捕されました。犯行の動機は一体なんだったのでしょうか。大西智博容疑者について詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年4月11日に事件は起きてしまいました。

11日午後8時50分ごろ、滋賀県彦根市南川瀬町の彦根署河瀬駅前交番で、「人が血を流して倒れている」と、同署から119番通報があった。救急隊が男性警察官1人を同市内の病院に搬送したが、午後10時過ぎに死亡した。警察官は同交番に勤務する井本光巡査部長(41)で、頭と背中から血を流していた。傷痕から、拳銃で撃たれたとみられる。

 滋賀県警によると、当時同交番で一緒に勤務していた男性巡査(19)が行方不明になっている。県警では、男性巡査が交番内で井本巡査部長を拳銃で撃った後、パトカーで逃走したとみて、殺人容疑での逮捕状を請求する準備に入り、緊急配備を敷いて巡査の行方を追っている。

出典;京都新聞

犯行現場の場所

犯行現場は彦根警察署河瀬駅前交番です。

報道で公開された現場写真はこちら。

住所は「滋賀県彦根市南川瀬町1509−8」となり、こちらをグーグルマップでも解析しました。

周りには民家もある他、商店や住宅が立ち並ぶ一角にあり、周囲には幼稚園や中学校などもあるとのことで、周辺住民に不安が立ち込めているのも事実です。

新米巡査(19)の顔やSNSなど詳細

名前:大西智博
年齢:19才
住所:滋賀県
職業:彦根警察署河瀬駅前交番勤務の巡査

2017年4月に採用され、今年1月29日に彦根署に配属された大西智博容疑者。

新米刑事だったようです。

報道で公開された大西智博容疑者の顔写真はこちら。

もしSNSアカウントがあれば、新米刑事の井本光巡査部長に対する思いが伺える投稿があったかもしれませんね。

井本光巡査部長の顔やSNSなど詳細

名前:井本光(いもと あきら)
年齢:41才
住所:滋賀県
職業:彦根警察署河瀬駅前交番勤務の巡査

今のところ井本光巡査の顔写真は公開されていません。

SNSアカウントも調査しましたが、facebookで同姓同名のものがあったものの、情報が少なく特定にはいたりませんでした。

大西智博容疑者との日々のやりとりがSNS上でわかる投稿があったかもしれません。

救急隊が男性警察官1人を同市内の病院に搬送したが、午後10時過ぎに死亡した。警察官は同交番に勤務する井本光巡査部長(41)で、頭と背中から血を流していた

頭と背中、2発も撃たれた井本光巡査。

どうやら背後から狙ったようです。

ふたりの間に何があったのか、気になるところです、、

19才が41才先輩にたてついた動機はパワハラ?

11日午前8時半から、井本巡査部長と2人で勤務に当たっていた。

 11日午前8:30から24時間体制で大西智博容疑者と井本光巡査はふたりきりで勤務していたようです。

大西智博容疑者が彦根署に配属されたのは今年1月29日。

一緒に勤務しだしてからは3ヶ月たっていないくらいの短いつきあいでしょうか。

ここからは推測ですが、警察は体育会系のノリで上下関係も厳しく、指導ももしかしたら不条理なものもあったかもしれません。

19才のゆとり世代と41才の団塊ジュニア世代。

合わない性質をもつふたりが、ふたりきりで24時間過ごすとなるとなかなか大変でしょう。

しかし、仮にどれだけ不条理なことを言われたとしても、仮にも警察官が、先輩を後ろから2発も発砲するというのはどれだけの沸点の低さなのだと驚いてしまいます。

おそらく計画性はなく、衝動的に撃ったのでしょう。

その後の大西智博容疑者の逃げ方にも焦りが見えていました。



逃走に使ったパトカー、田んぼにつっこむ

同日午後8時20分ごろ、同交番から南に約4・5キロ離れた愛荘町目加田の田んぼに同交番のパトカーが突っ込んで放置されているのが見つかった。行方が分からない巡査が乗り捨てた可能性があるという。

逃走に使ったパトカーは田んぼに突っ込んで放置したとあります。

パトカーを乗り捨てるのなら、わざわざ田んぼに突っ込むような目立つ真似はしないのではないでしょうか。

衝動的に発砲し興奮して運転しているうちに、焦って田んぼに突っ込んだのではないかと推測できます。

3発の実弾が残ったまま拳銃もって逃走

県警は、巡査が実弾入りの拳銃を持って逃走している可能性があるとみて、付近の住民に外出を控えるよう呼びかけた。

実弾が5発入る銃を所持していた大西智博容疑者。

2発を井本光巡査に使っているので、少なくとも3発は残っていたことになります。

ネットの声

匿名
同僚というより上司と部下。何かあったのでしょうね。
匿名
もし行方不明になっている19歳の警官がやってしまったのなら、一生懸命頑張って警察官になったはずなのに一時の感情で取り返しのつかないことをしてしまったのかなぁ。悔やむに悔やみきれない。
匿名
警官になる人が少ないからと言ってなんでもかんでも採用したらダメ。ちゃんと色んな角度から見定めないと。面接はちゃんと答えられてもおかしな人間はたくさんいる。
匿名
19才?警官になったばかり?いじめかパワハラか?仲良くしなければと思う。2発も打つって余程の事。大変な事件
匿名
思い詰めたのか、カットなったのかわからないけど やっぱり拳銃持ってるって怖い
匿名
いじめの報復でしょうか?
匿名
単純に19歳に拳銃持たすなんて、って考えてしまう。いくら警察学校で色々学んでも、その中に大人になり切らない人物に拳銃や一定の権限を与えても問題ない教育カリキュラムが含まれているのか甚だ疑問です
匿名
銃が手元にあればカッとなった時にすぐ使ってしまう。銃社会は恐ろしい
匿名
今の若者はなに考えてるか分からないから怖いよ
匿名
新任警官は最低2〜3年は本署内勤務にして、人間としても経験を積むべきじゃないかな
匿名
憶測で言ってはだめですが背中から発砲するとか何かうらみがあったのかな
匿名
今時の19歳の子はほんまにまだガキだし、忍耐力や社会常識も欠けている。こんな未成年に拳銃を与えて良いのか?
匿名
何かトラブルがあったのはわかるが、警察になって日本の安全を守る職に就いたのに人に銃を向けるのは警察としての自覚が足りなさすぎる
匿名
パワハラがあったのか何なのか解らないけど、パトカーで逃げ出したあと、更に逃げてるってことでしょう

考察

銃は攻撃するためではなく、守るためにあるのではないでしょうか。こういう例がでてくると、未成年で精神的に未熟とされるならば、新米刑事には銃を与えることができなくなってしまうのではないかと思ってしまいます。

いつまでも逃げ切れるわけではないでしょうし、はやく自首してほしいですね。

追記:身柄確保

滋賀県警察本部は11日朝から一緒に勤務していた19歳の巡査の行方がわからなくなっていたことから巡査が拳銃で撃ったと見て、市民に危険が及ぶおそれがあるとして名前と写真を公開して行方を捜査していましたが、午前1時35分に隣町の愛荘町で身柄を確保したということです。

出典;NHK

どうやら隣町の愛荘町で大西智博容疑者の身柄を確保したようです。

追記:動機は「馬鹿にされたから」

「間違いありません」と容疑を認め、「罵倒(ばとう)されたので撃った」などと話している

livedoorより引用

どうやら井本光巡査は大西智博容疑者に対し、ひどい言葉を使用したようです。

頭にきて井本光巡査を撃った大西智博容疑者。

一時の怒りに身を任せて撃つというのは、ひどく精神的に幼いように感じます。。

ほかにも真相が明らかになり次第追記していきます。



コメント

  1. 匿名 より:

    あってはならない事件が発生してしまった。

  2. 匿名 より:

    どの理由があるにせよ、殺人はいかん

/* i2iの解析コード  */