【驚愕】鹿嶋学の人物像はサイコパスでなく仕事熱心!?「現場を任せられるタイプ」

鹿嶋学

女子高生を刺殺した犯人の表向きの人物像は仕事熱心な真面目漢だったようです。

逮捕されたのは鹿嶋学(かしま まなぶ)容疑者(35)。2004年に高校2年の北口聡美さん(当時17歳)を殺害した容疑です。14年間も逮捕されなかった鹿嶋学容疑者。サイコパスとの噂もある中、殺人なんて素知らぬ顔で、真面目に仕事に取り組んでいたようで。。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2004年に残虐な事件は起きてしまいました。

14年前、広島・廿日市市の住宅で、女子高校生が刃物で刺され殺害された事件で、県警は13日朝、山口県に住む35歳の男を殺人の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは、山口・宇部市の会社員・鹿嶋 学容疑者(35)。

この事件は2004年10月、廿日市市上平良の住宅で、当時、高校2年生だった北口聡美さん(当時17)が、自宅に押し入った男に、刃物で胸などを十数カ所刺され、殺害されたもの。

捜査関係者によると、現場に残されていた指紋やDNAと、山口県内で起きた別の暴行事件をめぐり、採取した鹿嶋容疑者の指紋とDNAが一致したことから、鹿嶋容疑者の事件への関与が強まったとして、逮捕状を請求し、13日午前7時10分に殺人の疑いで逮捕した。

出典;FNN

犯行現場の場所

犯行現場は広島県廿日市(はつかいち)市上平良の民家です。

広島県警廿日市署のHPで提供されていた現場写真はこちら。

出典;広島県警

地図はこちらです。



鹿嶋学の顔やSNSなど詳細

名前:鹿嶋学(かしま まなぶ)
年齢:35才
住所:山口県宇部市
職業:建築会社勤務の会社員

報道で公開された鹿嶋学容疑者の顔写真はこちら。

鹿嶋学

出典;FNN

SNS情報(facebook,twitter,instagram)の調査結果、Facebookアカウントで同姓同名のものが見つかったのですが、情報が少なかったため特定にはいたりませんでした。

もしSNSアカウントがあれば、鹿嶋学容疑者の殺人事件を起こした前後の精神状態が伺えるような投稿があったかもしれませんね。

鹿嶋学の人物像はサイコパスでなく仕事熱心!?

鹿嶋容疑者の勤務先の山口県宇部市にある建築会社の男性社長(39)によると、鹿嶋容疑者は社長の父親が経営していた十数年前、知人の紹介で働き始めた。12日も午前7時に出社後、山口市内の現場で通常通りに働き、変わった様子はなかったという。社長は「仕事熱心で現場を任せられるタイプ。シャイで暴力的な感じではなく、後輩の面倒見もいい。まだ信じられない」と語った。

出典;毎日新聞

女子高生を十数箇所も刺した鹿嶋学容疑者。

一体犯人はどんな人物像なのか。サイコパスではないのか。

そんなふうに噂されてきました。

逮捕されるまでの14年間、なんと、真面目に仕事に取り組んできたのだといいます。

しかも建築会社という、縦の関係が厳しく、協調性の求められる職場で頼りにされていたというではありませんか。

「仕事熱心で現場を任せられるタイプ。シャイで暴力的な感じではなく、後輩の面倒見もいい。まだ信じられない」

そう言われています。

暴力的でないように見られる人間が、実は女子高生を数十箇所も刺し、老人(北口聡美さんの祖母)も刺していたというのです。

人間誰しも「裏の顔」は多少あるものですが、この変わりようには恐怖します。。

それにしても、その「シャイで面倒見もいい」鹿嶋学容疑者がおこした、逮捕のきっかけとなった暴力事件とは一体どんな内容なのでしょうか。

逮捕のきっかけになった暴行事件は職場トラブル

暴力

 社長によると、山口市内の工事現場で4月初旬、同僚の態度に腹を立てて尻を蹴ったことがあり、これが逮捕の端緒となった暴行事件とみられる。

出典;毎日新聞

逮捕のきっかけになった暴行事件は、同僚に腹を立てて蹴ったことが発端とのこと。

そこから喧嘩がはじまったのでしょうか。。

職場トラブルで警察沙汰になるとは、よほど派手な喧嘩になったのかもしれませんね。

しかし、普段はシャイといわれていた鹿嶋学容疑者。

暴行事件を起こす人物像とシャイな人物像が結びつきません。

普段から目立つような行為は控えていたが、腹立たしい同僚の態度を機に、残虐な部分が表に出たということでしょうか。。

考察

逮捕されるまでの14年間、どのような思いで暮らしてきたのでしょうか。

これから事件の動機などの詳細が明らかになっていくことでしょう。

不明点の多い事件なだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */