【火事/愛知】犬山 城下町のお寺が大火事で火柱が…理由・原因は放火?タバコ?空気の乾燥?

火事

火柱が見えるほどの大きな火事の事件です。

愛知県犬山市犬山西古券 城下町付近が大変なことになっています。夜更けというのにサイレンがなりわたり、近隣の住民がなにごとかと見守っていました。。



事件概要

2月1日午後23時すぎに、サイレンが鳴り響きました。

愛知県犬山市犬山西古券 城下町付近のお寺、常満寺でのことです。

木曽川方向に、火柱がたっているとネットでは話題になっていて・・・。

愛知県犬山市で1日夜、火事があり、国の登録有形文化財になっている常満寺の本堂などが全焼しました。

1日午後11時ごろ、犬山市犬山西古券の常満寺で「寺から火が出ている」と近所の住人から警察に通報がありました。警察によりますと、火は、約3時間後に消し止められましたが、寺の本堂と庫裏計約600平方メートルが全焼しました。けが人は、いませんでした。常満寺の本堂と庫裏は、江戸時代に建てられたとされ、国の登録有形文化財になっています。出火当時、寺には人はおらず、火の気もなかったことから、警察などは不審火とみて調べています。

(nagoyatvより引用)

事件の場所

火がついて全焼したのは国の登録有形文化財になっている常満寺。

全焼した常満寺

出典:nifty

歴史ある建物が全焼してしまうとは・・・勿体ないことです。。

火事の現場をうつした動画

火事の理由・原因は?

火事の理由・原因はまだわかっていません。

お寺が燃えているという声があり、出火元は放火・タバコのポイ捨て・火元の不注意などの可能性がありますが・・・

警察によると、寺には人気や火の元もなかったことから、不審火として捜査されています。

この冬の乾燥した空気では、火の回りがはやくなってしまいますよね・・・

理由・原因はわかり次第記載します。



ネットの声



/* i2iの解析コード  */