いしだ壱成の19歳新恋人は前妻が住んでいた3万円アパートで半同棲…

いしだ壱成と飯村貴子

前妻と3ヶ月前に離婚したばかりのいしだ壱成さん(42)に19歳の新恋人ができと話題になりました。

その23歳差の舞台女優とは前妻が使用していた家賃3万円のアパートで半同棲しているそうで。。



いしだ壱成の新恋人の飯村貴子さんとは?

Lomeroさん(@lomeromedia)がシェアした投稿

2017年8月に三宅恵美さんと2度目の離婚をしたいしだ壱成さん。

離婚から3ヶ月しか経たないうちに、新恋人の存在が判明しました。

舞台女優の飯村貴子さん。なんと19歳で、42歳のいしだ壱成さんとは23歳差ということで、注目を集めています。

前妻と暮らしていたアパートで半同棲

現在いしだ壱成さんと飯村貴子さんが暮らしているのは多摩地区の家賃3万のアパートメント。駅から20分の遠い距離で、周りには買い物をするような利便性もない質素な暮らしぶり。

このアパート、前妻の三宅恵美さんと暮らしていたようで、その同じ場所で半同棲しているというのです。

いしだ壱成さんにインタビューした女性記者によると、なんと飯村貴子さん、前妻が愛用していたグッズを利用しているというのです。

それは、お箸、靴、カーラーに至る小物まで。。

無理に使用しているというわけではなく、「物に罪はないから」という理由で節約のために進んで使っているそうで。。

それを、「贅沢をしないいい嫁候補」といて誇らしげにニコニコ語るいしだ壱成さん。

一般的に考えて、元彼や元彼女の使用していたものを置いておく、ましてや使う、それどころか暮らし、営みを行うというのはなかなかできることではありません。。

いしだ壱成さんも飯村貴子さんも神経が太いとドン引きしている反応が見られます。。

いしだ壱成さんの例のルールで苦労をかけられた前妻の三宅恵美さんのお気持ちを全く考えていない発言ではないでしょうか。。



いしだ壱成の亭主関白ルールは顕在か?

いしだ壱成さんといえば、亭主関白なマイルールが細かいと有名ですね。

・朝、コップ1杯の冷たい水を飲む
・その後温かい白湯を飲む
シャワーを浴びている間に、妻にバスタオルと服を用意させる
サラダには7種のドレッシングを用意させる

など、三宅恵美さんの離婚の原因はこのマイルールにあったと「有吉ゼミ」で告白していました。

このマイルールは絶対で、妻が服やドレッシングを用意していない場合は、裸でリビングで待ったりサラダには手を出さないという無言の圧力があったそうで、妻としてはめんどくさいことこの上なかったと予想されます。。

しかしこの亭主関白ぶりはどこへやら、19歳の新彼女には一切このルールは押し付けておらず、それどころか尽くしてあげる喜びを知ったというのです。

シャワー後バスタオルを用意させるどころか、逆に用意してあげているとか。

前妻が聞いたらなんなのそれはと怒っちゃうかもしれませんね。。

ここまで亭主関白の人を変えて骨抜きにした、飯村貴子さんとは一体どんな方なんでしょうか。

飯村貴子さんのプロフィール

名前:飯村貴子(いいむらたかこ)
1998.10.6生まれ
エーライツ所属
趣味:宝塚歌劇団鑑賞
特技:ダンス

飯村貴子さんは女優・モデルとして活動していて、
いしだ壱成さんとは舞台『午前5時47分の時計台』で急接近したようです。

飯村貴子さん出演CM・画像

飯村貴子さんはCMにも多く出演しているようで、河合塾やシーブリーズ、パナソニックなど大手のCMにも器用されている、今売れっ子の女優さんのようですね。

飯村貴子さんはもう両家のご家族にも紹介済ということで、いしだ壱成さんも結婚予定の交際といことです。いしだ壱成さんの亭主関白は結婚後本当になくなるのでしょうか。若い19歳の飯村貴子さんに受け止めきれるのでしょうか。今後が注目です。


/* i2iの解析コード  */