【事件】本原勉の顔とSNSは?実の弟を兄が刺すした理由は?(広島県福山市)

兄弟喧嘩が行き過ぎてしまったのでしょうか。

逮捕されたのは本原勉容疑者(70)。実の弟(63)を刃物で刺した殺人未遂容疑です。犯行の動機は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年3月2日に事件は起きてしまいました。

2日午後6時すぎ、福山市南蔵王町の路上で「男が男性を刃物で刺した」と通りかかった人から警察に通報がありました。
警察が駆けつけたところ、岡山県笠岡市の会社員、本原英二さん(63)が刃物で左胸を刺されて倒れているのが見つかり病院に搬送されましたが、およそ1時間半後に死亡しました。

警察は現場にいた兄で福山市東深津町の無職、本原勉容疑者(70)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
警察によりますと持っていた手提げかばんの中から凶器とみられる包丁が見つかったということで、調べに対し「包丁で切りつけたことは間違いないが、殺そうとは思っていなかった」などと供述しているということです。
警察は容疑を殺人に切り替えて詳しい動機などを調べることにしています。

出典;NHK

犯行現場の場所

犯行現場は福山市南蔵王町の路上です。

報道で公開された現場写真はこちら。

グーグルマップで解析した結果が下記の場所となります。

こちらの路上で兄弟の諍いが始まったようです。。



本原勉の顔やSNSなど詳細

名前:本原勉
年齢:70歳
住所:広島県福山市東深津町
職業:無職

報道では本原勉容疑者の顔写真は公開されていません。

SNS情報(facebook,twitter,instagram)の調査結果、Facebookアカウントで同姓同名のものが見つかったのですが、特定にはいたりませんでした。

もしSNSアカウントがあれば、本原勉容疑者の兄弟仲に関する投稿があったかもしれませんね。

実の弟を兄が刺した理由は?

警察によりますと持っていた手提げかばんの中から凶器とみられる包丁が見つかったということで、調べに対し「包丁で切りつけたことは間違いないが、殺そうとは思っていなかった」などと供述しているということです。

出典;NHK

「殺すつもりはなかった」という本原勉容疑者。

包丁

とはいえ包丁がたまたまカバンの中に入っているということは考えにくく、「包丁で刺す」という決意はあったのではないかと推測できます。

7つ下の弟をそれほどまでに憎む理由はなんだったのでしょうか。

弟の本原英二さんの住まいは岡山県笠岡市。

刺された現場は本原勉容疑者の住む、広島県福山市でした。

弟が兄の元へ訪れてなにか話があったのち、なにか口論があり兄が弟を刺したという流れでしょうか。

兄弟喧嘩でよくありがちなのは、親の遺産相続・親の介護・金銭トラブルなどが考えられます。

しかし、仮にも血を分け合った兄弟。

包丁を持ち出すとまでは、何やら深い溝がありそうです。。

真相が明らかになりましたらこちらに追記していきます。

ネットの声

匿名
何があったのか、7つも離れて63年間も兄弟で弟刺し殺すほどの怨みつらみあったのか、 理由はどうあれ長兄?の言うこと聞かないからと、刺殺されとはな、しかし親兄弟親族殺すほどもうろくはしたくないわな。
匿名
2人の間に何らかのトラブルが、、、ってそれしかないでしょう。それにしても70歳が63歳を。。情けない。
匿名
金絡みかな。

考察

63歳と70歳という高齢な兄弟の諍い。。

冷静に話し合うことで解決することはできなかったのでしょうか。

兄弟同士というショッキングな事件なだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */