【悲報】広島の女教師、妊娠中ダンスや水泳の授業を強いられた結果が酷い…代替教員の手当もなく…

妊娠

妊娠中にダンスや水泳などの授業指導を余儀なくされた女性教師が死産したというショックなニュースです。

女性教師は学校側に配慮してもらえるよう頼んでいたのに、代替教員の手配をしてもらえず…なんでそんなことになってしまったのか…その残酷な理由とは…



事件概要

妊娠

事件は昨年6月に、女性教諭が妊娠判明し、学校側に配慮を求めたことから始まりました。

娠中にダンスなど過重な授業を余儀なくされて死産したとして、広島県北広島町の町立学校に勤める40代の女性教諭が町を相手取り、 約330万円の損害賠償を求めて広島地裁に提訴したことが明らかになった。町は争う姿勢を示している。 

 提訴は昨年11月29日付。訴状などによると、教諭は同年6月に妊娠が判明。医師から流産の恐れがあるとして安静を指示され、 7月には子宮に血腫が見つかり、すぐに休暇を取るよう言われた。教諭はその都度、経過を校長に報告し、座ったままの授業や勤務時間の短縮を求めた。 

 しかし、代替教員の手配などはなく、教諭はダンスや水泳といった体育の授業などを担当。7月下旬に体調が悪化して入院し、8月に死産した。 教諭側は、学校側の対応が妊娠中の女性の保護を掲げる労働基準法などに違反すると主張している。 

 教諭は取材に「立っていられないぐらい体調がつらい時も代替教員を手当てしてもらえず家に帰れなかった。 同じような目に遭う女性の先生がいなくなるよう問題を提起したい」と語った。 北広島町の担当者は「今後、法廷でこちらの主張をしていきたい」と述べた。

mainichi.jpより引用

事件のあった場所:北広島市

事件があった場所は広島県北広島町の町立学校。学校名は出ていませんでした。

なぜ妊娠中ダンスや水泳の授業を強いられた?

女性教師は医師から流産のおそれを指摘され、しかも子宮に血腫が見つかったとされていました。そして彼女は40代。35歳をすぎると高齢出産と言われているので、なおのこと安静にする必要があります。

妊娠

女性教師は体のことを配慮してもらえるよう座ったままの授業や勤務時間の短縮を校長に直訴するも、あろうことかダンスや水泳の授業の指導の代替教員の手配をしてもらえませんでした。

普通の授業でさえ座らないとつらいと申し出ているのに、なぜ体を大幅に動かすような授業の指導を強いられたのでしょうか。

立っていられないくらいつらいときも代替教員を手配してもらえなかったというのは、どんな過酷な労働環境だったのでしょうか。



代替教員の手当がなかった理由は?人手不足?

もしかすると女性教師の勤め先の学校は人手不足だったのかもしれません。

それでも、流産の危険をおかしてまで授業を続行する必要性はあるでしょうか。代替教員を手配できなかったのであれば、教師の体調を思いやって自習に振り返るなど措置が取られなかったのが疑問です。

学校

生徒たちの勉学はもちろん大事ですが、それ以上に命の重みのほうが比重が大きいでしょう。生徒や親御さんたちにも、きちんと理由を話せば理解をもらえたのではないでしょうか。

もし報道通り、きちんと訴えていたのに過度な授業指導を強いられていたことが本当であれば、教師の妊娠での腹痛をただの風邪のような扱いとして放置されてしまっていたのでは、と命の重さをないがしろにされたような気がして残念でなりません。

ネットの声

うちの妻は妊娠中、仕事の軽減を求めたが対応してもらえず状況が悪化しそのまま入院。しかし入院によって職務を離れられたので無事出産。 妊婦には厳しい職場。

下の子の担任に、妊婦さんがいるんだけど、 たのむから、動かんで‼️ゆーくらい働く先生。 女の人が安心して働けたらいいよね。

これ学校側の対応は論外として、本人も何言われても生徒なんか放置して退職するとかなんとかしろよ。 俺がこの人の旦那なら1日監視してでも出勤させないわ

妊娠出産自体が命がけなのに。 配慮が足らなさすぎる。 死産させたら人殺しと同じでしょ。

亡くなった命は戻ってこない。こんなことになったら2度と学校なんか行かない。

これから生まれてくる子のこと考えたら仕事辞めるってわけにもいかなかったんだろうな



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

/* i2iの解析コード  */