【事件】東尚祐の顔とSNSは?家賃のために詐欺!「裏バイトと検索して受け子に」

家賃のために高齢者を騙す裏バイトに手を出したようです。

逮捕されたのは東尚祐容疑者(33)。80代の女性からキャッシュカードなどをだまし取ろうとした容疑です。犯行の動機は家賃のためということで…33歳成人男性が、家賃のためとはいえなぜ裏バイトに手をかけなければならない事態になったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年3月29日に事件は起きてしまいました。

東尚祐容疑者は先月、仲間と共謀して東京・杉並区の80代の女性からキャッシュカードなどをだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、東容疑者らは大手百貨店の担当者などを装い、「カードが不正に使われている」「対処をするため、職員を向かわせる」などと嘘の電話を掛けました。

しかし、女性は該当するカードを持っていないため、嘘に気付いて110番通報し、東容疑者が女性の家を訪れたところを待ち構えていた警察官に現行犯逮捕されました。東容疑者は「家賃の支払い期限で、金のためにやった」などと容疑を認めています。

出典;tv-asahi

犯行現場の場所

犯行現場は東京・杉並区にある住宅です。



東尚祐の顔やSNSなど詳細

名前:東尚祐
年齢:33
住所:東京・渋谷区円山町
職業:無職

報道で公開された東尚祐容疑者の顔写真はこちら。

顔はマスクで覆われており、はっきりとは認識できませんでした。

「家賃を払うお金はない」とのことです、髪を染めておしゃれに気を使うためのお金はあったようです。

SNS情報(facebook,twitter,instagram)の調査結果、Facebookアカウントで同姓同名のものが見つかったのですが、情報が少なかったため特定にはいたりませんでした。

もしSNSアカウントがあれば、東尚祐容疑者の生活が伺える投稿があったかもしれませんね。

詐欺の動機は家賃!いくらだった?

お金

「家賃の支払い期限で、金のためにやった」と供述している東尚祐容疑者。

東京・渋谷区円山町に住んでいると公表されていたため家賃の相場を調べたところ、ワンルームから1LDKで約7万〜12万円くらいの家賃だったと考えられます。

家賃が払えないのであえば分相応の払える額の家に住まいをもつなど考えられなかったのでしょうか。。

今までどうやって払っていたのかも気になりなりますね。

裏バイトと検索して受け子に

東容疑者はインターネットで「裏バイト」などと検索し、「受け子」と呼ばれる詐欺の受け取り役の仕事を探していたという。調べに対し容疑を認めているという。

日テレより引用

「裏バイト」で検索して今回の「受け子」に結びついたようです。

はなから楽をして儲けようと思っていたのでしょうか。

自身の楽のために、高齢者を騙すという選択を平気でできてしまうというのは恐ろしいですね。

それも、10代の子供でもなく、33歳といった、しっかり判断せきるはずの成人男性がこのような詐欺に手を出してしまうというのは悲しいことです。。

考察

なぜまともな職について家賃を払うという選択をとれなかったのでしょうか。

「受け子」のニュースを聞くたびに、罪の意識の軽さに驚きます。

また、今回はいい年の大人が「裏バイト」は探して自らその世界に飛び込んだというのが衝撃でした。

手を引いていた組織の余罪も多そうな事件なだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */