【悲報】東田啓介 牧師がストーカー!?「お願い俺を愛して」神様も驚きの煩悩とは…

牧師の執着は強かったようです。

逮捕されたのは千葉市の牧師・東田啓介容疑者(47)。元交際相手の女性の携帯電話にLINEで「俺に会いに来て」「お願い俺を愛して」などのメッセージを77回にわたって送りつけた容疑です。聖職者である彼の元交際相手への執念は凄まじかったようで…。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2018年1月には交際相手と別れていたようです。

「お願い俺を愛して」といったメッセージを77回にわたり元交際相手に送ったなどとして牧師の男が逮捕された。

ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されたのは千葉市の牧師・東田啓介容疑者。警察によると、東田容疑者は今月上旬から中旬にかけて、元交際相手の女性の携帯電話にLINEで「俺に会いに来て」「お願い俺を愛して」などのメッセージを77回にわたって送りつけた疑いがもたれている。

また、東田容疑者は女性の職場に押しかけ「顔が見たかったから来た」などと告げ、プレゼントを受け取るよう求めたという。

東田容疑者は調べに対し「間違いない」と容疑を認めているという。

出典;日テレ24



東田啓介容疑者の顔やSNSなど詳細

名前:東田啓介
年齢:47
住所:千葉市美浜区幸町
職業:牧師

報道では東田啓介容疑者の顔写真は公開されていません。

しかし、SNS情報(facebook,twitter,instagram)の調査結果、東田啓介容疑者のほぼ間違いないと思われるアカウントを特定することができました。facebookでは、東田啓介という名前で牧師という職業をされていて、出身地が判明していることからです。

確認したい方はこちらから検索してみてください。
→FACEBOOK;東田啓介アカウント

六本木のステリーナ教会の牧師として結婚式の司会をしているようです。

東田啓介容疑者の奥様の告白はこちら↓↓↓↓

別れてから4ヶ月間もつきまとう…

4月上旬~中旬、茨城県内の40代女性に対し、「お願い俺を愛して」などのメッセージをしつこく送ったり、「顔が見たかったから来た」と職場に押し掛けたりした疑い。

署によると、東田容疑者は女性と数年間交際していた。今年に入って別れた後、女性宅へ押し掛けるなどしたため、女性が署に相談。県警が警告したが、やめなかった

産経新聞より引用

よほど相手の元交際相手の女性のことが忘れられなかったのでしょうか。

どうしても諦められなかったようです。

告白

しかし、もう気持ちが離れた女性にとって、別れたと思っている相手から4ヶ月もの間、自宅や職場のプライベートの空間に入られたり、メッセージを何度も送ってこられるのは、思いの押し売りもいいところ。

失恋

好意の伝え方があまりに一方的だったように見受けられます。

ネットの声

匿名
師さんって礼拝堂に迷える子羊たちをいざなっているイメージなのですが。。。。自分が迷ってどうする(笑)
匿名
本当に好きだったんだね・・・・じっとして居られないほど好きだっんだね・・・解る様な気がする。でもやった事はストーカーと同じだよ!相手の為に一歩引いて幸せを祈るのが普通・・・一歩引けずに態度で表したのが牧師さん・・・キリストは何て言うかな?なんじ人の為に有れと言う言葉・・・牧師さんならわかるよね・・・
匿名
この人、求めるばかりだね
匿名
キリストの愛は与えるもののはずだけど、この人の場合は求めちゃったのね
匿名
求めた愛はアガペーじゃなく、エロスだったからダメだったんじゃないの?
匿名
神の愛だけでは物足りなかったわけか
匿名
完全無欠のストーカーですね
匿名
ドラマのようにはいかないんですよ、現実は
匿名
神などいない。すべて人間のすること
匿名
神を愛してなら問題なかったな。坊主神主の類いに人格者無し。そもそも人格者等いないわな
匿名
禁欲とは無関係の神職者か
匿名
逮捕され「間違い無い」じゃ無く、ストーカーをしてはいけないんだよ!!

考察

失恋

本当に相手のことを愛しているなら、相手の幸せを一番に考えてあげられることが愛ではないでしょうか。

愛の押し売りは相手を疲弊させてしまいます。

元は愛した男性なのに、気持ちが離れてからそのように一方的に迫られてはますます心の距離は遠ざかってしまうというもの。。

恋に盲目になっていたのかもしれませんね。悪気はなかったのかもしれませんが、一度冷静になって振り返っていただきたいものです。

聖職者がおこしたスキャンダルなだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

追記:ストーカーは浮気相手だった!?嫁が語る真実

なにやら話が複雑になってきました。東田啓介容疑者は既婚者だったようで、奥様なる人物がネット上で赤裸々に告白をしているようです。

東田啓介容疑者の奥様の告白はこちら↓↓↓↓



/* i2iの解析コード  */