【警告】ヒートテックは危険!?かえって冷えたりかゆくならない正しい着方はこちら

ヒートテックがかゆい

寒い冬にはもはやかかせなくなってきているインナーのヒートテック
実は正しい着方をしないと危険な面もあるんです。

その内容はこちら…



ヒートテックの構造を知っておこう

ユニクロで一気に知名度を上げた冬のオシャレの味方、ヒートテック

これによって、もこもこ厚着しなくても、冬でも薄手のオシャレが楽しめるようになりました。

でも着てみると「なんか肌が乾燥してかゆい」「かえって冷える」という意見もちらほら。

ヒートテックの仕組みと正しい着用法を理解していくことが大事です。

ヒートテックは、素材はポリエステル、レーヨン、アクリル、ポリウレタンといった化学繊維でできています。

この中で注目すべきは「レーヨン」。

肌触りが心地いいのはこのレーヨンによるところが大きいのです…が!

レーヨンはその反面、「吸収率が高く乾くのが遅い」という特徴があります。

ヒートテックがあたたかいと感じるのは、流れた汗が水蒸気にかわり、それが水とくっつきやすいレーヨンに吸収されたときに発熱、マイクロアクリルが発生した熱を保温するという流れがあるから。

聞こえはいいようですが、デメリットもあるので、注意が必要なんですね…

実は危険?ヒートテックのデメリット!

泣く女性

おどかせるわけではないですが、危険性も理解しておくことは大事です。
大別して、次の2つの危険性があります。

乾燥肌にはつらい。。かゆみ、かぶれの危険性

先ほど述べたように、レーヨンは吸収力が抜群な分、吸収しすぎてしまうというデメリットがあるんです。

美容に関心のある女性ならなおさら、いかに保湿が肌にとって大事かは聞いたことがあるのではないでしょうか。

肌の水分が足りなくなると、乾燥のしすぎでかゆみが出てくることがあります。

寝ているときにヒートテックを着ていて、起きたら知らない間に引っかき傷があったということは思い当たりませんか?
夜は特に汗をかきやすいので、ヒートテックをきたまま寝ると肌にかゆみがおきやすいのです。。

そして、ヒートテック素材は化学繊維でできています。
弱い肌の乾燥肌、敏感肌はかぶれや湿疹の症状がでることも。。

かえって冷えを起こすことはプロの間で有名

ヒートテックは吸収・保温に優れている反面、乾きにくいというデメリットがあります。

ということは、大量の汗をかいたらそのまま乾かず、冷えてしまうということに繋がるのです。

理論としては、体内の水分が飽和状態を起こし、乾かない間に水分が冷えていき、体温が下がるという仕組み。

せっかく温まろうとして着用しても、かえって冷えては本末転倒ですよね。

この理論、プロのスポーツ選手や登山家の間では当然の事実のようで、プロはヒートテックを着ないのだとか。

じゃあ逆に、肌着は何が最適で、ヒートテックの正しい着方かを知っておくにこしたことはないですね。



これで安心!ヒートテックの正しい着方

笑顔の少年

さんざん危険性を述べておいてなんですが、ヒートテック自体は文明のすばらしい産物です。
なんならわたしも愛用しています。笑

着方に気をつければおそるるに足りず。
肌着の正しい着方をマスターしましょう!

寒暖の激しく無い日中にヒートテックを着用しよう

理論がわかれば察しがつくかと思いますが、要は汗を大量にかくシーンでヒートテックを使うことがよくないんです。

なので、寒暖のあまりない外出にはヒートテックの保温性に頼るといいでしょう。

逆に、ハイキング・運動会・登山・マラソン・就寝時など汗をかきやすいときにはヒートテックの着用を避けましょう

特に、大人よりも発汗の多い、子供にはヒートテックの着用は避けた方が賢明かもしれませんね。

ヒートテックの下に、シルクや綿を着用しよう

ヒートテックは合成繊維。
どうしてもヒートテックを着たいけどかゆみや肌の症状が気になるときには、シルクや綿の天然素材を一枚はさむことによって、湿疹やかぶれは防げます。

特にシルクの吸収・発汗は合成化学繊維をはるかに上回る数値なのだとか。
シルクはお高いですが、肌にはいいのですね。。

ヒートテックのまとめ

 

towamakokikoさん(@towamakokiko)がシェアした投稿

・ヒートテックはかゆみや冷えの危険性がある
・ヒートテックは化学繊維だから肌には優しく無い
・ヒートテックは吸収率がいいが乾くのが遅い
汗をかきやすいシーンではヒートテックは着用しないでおこう
・特に就寝時にヒートテックはやめよう。天然物にかえよう。
・こどもは汗をかきやすいからヒートテックをあたえないほうがいいかも。
汗をかきにくい外出時にうまいことヒートテックを活用しよう
・ヒートテックの下に天然物の綿やシルクをはさむと安心だね

ヒートテックをうまく活用して、今年も寒い冬を乗り切りましょう!



/* i2iの解析コード  */