はれのひは詐欺!メルカリ振り袖着物転売疑惑も?

振袖業者harenohiはれのひ

成人式。それは20歳を祝う一生に一度の晴れ舞台。
それなのに、振袖業者はれのひ(harenohi)が成人式当日になって夜逃げしたことで、多くの被害が相次ぎました。。

その夜逃げは計画的な倒産詐欺だと噂になっていて、、



振袖業者はれのひ(harenohi)の夜逃げ

事件詳細

振り袖のレンタルなどを行う神奈川県横浜市の業者が、8日になって連絡が取れなくなり、新成人が着付けできないトラブルが起きている。
連絡が取れなくなっているのは、横浜市の振り袖レンタル会社「はれのひ」。
この会社の横浜市と東京・八王子市の店で予約をしていた人が、8日になって店と連絡がつかなくなり、着付けができないトラブルが起きている。
また、横浜市には午前中、「はれのひ」で予約した新成人から相談が数件来ていて、8日に2回行われる成人式のうち、午後の部に振り替えで参加できるよう調整している。
「はれのひ」の本社に日本テレビは電話で取材を申し入れたが、連絡が取れない状態が続いている。

出典;日テレNEWS24

はれのひの受付表

出典;naver

はれのひ(harenohi)は成人式当日の受付表も渡していたに関わらず、着付け会場はもぬけの空だったようです…

被害にあった人の声

はれのひの被害はネットの声を通じても十分伝わってきますが、実際警察に被害をだした人の総数は、東京・神奈川・茨城で合計400件をこえています。

支払った金額でいうと、1件あたり30万〜90万ほどなのだとか。

単純計算しても1億2000万〜3億6000万の被害総額ですね。

おめでたい記念日につけこんでの悪徳な詐欺事件です。

追記

1/12現在、消費生活センターに寄せられた相談の契約総額は、なんと1億6000万円を超えたということです。



はれのひ(harenohi)の社長の篠崎洋一郎氏に怒り殺到

預けた着物の行き先はどうなるんだという不安が残りますが・・。

篠崎洋一郎氏は着物を売りさばいてしまったのでしょうか。 着物はとても値が張るもの。

総額100万を払ったのに当日着物が着られなかったという被害者もいるのに、もし着物を売りさばいて海外にでも逃亡する気でいるなら、許されませんね。

はれのひ(harenohi)は社員に3か月前から給与未払いのブラック企業

社員でさえも社長の篠崎洋一郎氏には連絡がつかず、給与も未払い。。

経営がうまくいっておらず、成人式が行えないのであれば当然その旨を告知すべきなのに、自分かわいさに顧客や従業員をないがしろにするのはあまりにも酷いですね。

「はれのひ」元社員:「マネージャーからミーティングあると皆、呼び出されて『給料が払えません』。会社にお金が現金が今ないと言ってましたね」
 これは、問題の業者「はれのひ」に1年ほど前まで勤めていたテレビ朝日の関係者の証言です。
 「はれのひ」元社員:「(横浜店の)家賃もずっと滞納していたみたいで、その施設からは出て行ってほしいと言われていた。スタッフとしては最後まで、成人式はどうしてもやりたかったらしいんですね。自分たちのお金でどうこうできる問題じゃないから、泣く泣く閉じて撤退を選んだっていうふうに言っていました」

出典;tv-asahi

また、従業員への給与の支払いが遅れはじめたころ、着物の卸会社への滞納もはじまっていたようで、はれのひに卸していた着物の卸会社への滞納は現在分かっているだけでも5000万円にも膨れ上がっていたようです。

卸会社はすでにはれのひに着物を納品していたにも関わらず、成人式当日までに着物が顧客にいきわたらないということは、はれのひの幹部は着物を売りさばいていたということなのでしょうか。。

はれのひのブラック企業ぶりが露呈されますね。



はれのひ(harenohi)のWEBやinstagramは…

はれのひ(harenohi)のWEBを調べてみたところ、もう閉鎖されていました。 成人式当日にサーバーから切り離しているところをみると、計画的な犯行のようですね。

インスタグラムのアカウントは1/8現在残ってました。

はれのひのインスタグラム

ニュースから調べてやってきた被害者たちから非難轟々のコメントが寄せられていますね。 更新は2017年の9月で停止しています。

本来であれば成人式直前、書き入れ時の呼び込みを行うのが普通と考えられますので、去年の9月の時点で、経営は悪化していたのでしょう。。

サイトが生きているときにキャプチャしていた方のツイートをみてみると、どうやら2017年11月の時点で広告を打ち出していたようです。

経営の悪化がわかっていて宣伝をしているのであれば、悪質な詐欺ですね。

はれのひ(harenohi)の前撮り写真、届かず…

成人式より1ヶ月前の、昨年12月。

はれのひで前撮りを撮る際に、「翌日までに現金で振り込めば割引をする」と利用者に入金を急かしていたことが判明しました。

この利用者は、9000円程割引された額を振り込みましたが、その前撮り写真は届かなかったと嘆いています。

経営悪化のために資金繰りができなかったのでしょうが、できないと分かっていてお金をとるのは許されませんね。

はれのひの関係者、着物をメルカリで出品か?

フリマアプリ「メルカリ」に多数の振袖などが出品されており、晴れ着の着付けやレンタルをする会社「はれのひ」と契約した新成人のもとに振袖が届かず、連絡もつかなくなった問題との関連を指摘する声が相次いでいる。

これを受け、メルカリは1月10日、「現時点でそのような事実は確認されておりません」とのコメントを発表した。

出典;BuzzFeedNEWS

はれのひメルカリ出品?

はれのひメルカリ出品?

はれのひメルカリ出品?

これらのツイートは、本当にこのアカウントがはれのひ関係者のものかの真偽が不明のためいまはなくなっているようですが、本当にはれのひ関係者だとしたら、どういうルートで転売されていったのかが気になるところですね。

メルカリのほかにも、楽天関連のフリルというアプリでも同一アカウントとみられる振袖販売があったようです。

あくまで個人で使用するものであり、業者は使ってはならないとされているので、このアカウントは業者かどうか調べるためにいったん非公開にするという措置をとっているようです。

はれのひ関係者だとすると、今後もニュースになってきそうですね。

「はれのひ株式会社被害者の会」たちあがる

着物の業界誌を発行する「きものと宝飾社」(京都市)は「はれのひ株式会社被害者の会」を発足。9日夕までに26人から問い合わせがあり、京都の着物卸会社など全国十数社が協力を申し出ているという。松尾俊亮編集長は「風評被害になりかねない。業界全体で被害に遭った方々を支援できれば」と話した。

出典;毎日新聞

被害届も400件でているほどなので、重要も大きかったのでしょう。

着物の業界紙を発行する会社から「はれのひ株式会社被害者の会」が発足されました。

たしかに今回の「はれのひ」の一件は、着物業界全体のイメージを悪くするような大事件でした。

その風評被害を避けるためにも、着物業界は一丸となったという運びでしょうか。

今後、入学式や卒業式などで着物を利用する顧客の信用を失うわけにはいかないので、「はれのひ」には同業者も許せない思いがあるでしょうね。

同じ名前の「ハレノヒ」「晴レの日」は大迷惑

 着物の着付けやレンタルを手掛ける業者「はれのひ」と連絡が付かず、新成人が晴れ着姿を披露できなくなったトラブルを受け、佐賀県佐賀市柳町のフォトスタジオ「ハレノヒ」に8日、無言電話がかかってきたり、ウェブサイトにアクセスが集中したためか一時閲覧ができなくなったりした。代表は「一切、関係がないのに」と困惑している。

出典;佐賀新聞LIVE

同業の振り袖業者で同じ名前の「ハレノヒ」は、「はれのひ」と同じ系列店かと間違われ、被害にあっているようです。

ひらがなとカタカナの違いというだけなので確かに間違えやすいかも・・

また、神社挙式会場「晴レの日」でも似たような被害が・・

神社仏閣での和装挙式の専門会社「晴レの日」(東京都港区)は10日、問題となっている「はれのひ」と社名が似ていることから、成人の日(8日)以降に約300件の問い合わせやいたずら電話があり、対応に追われていると発表した。

 「晴レの日」は全国7店舗で結婚式用の振り袖などの衣装をレンタルしており、「はれのひ」と勘違いした客から「予約した結婚式はどうなるのか」といった電話が約100件、無言電話なども約200件あったという。同社は8日にツイッターで「『はれのひ』とは無関係」とツイートしたところ、リツイートが2300件を超えた。応援する内容も多数あったという。

出典;毎日新聞

たしかに神社の挙式ということで、着物が関連することから、関連会社と間違えられてしまいそうですね。。

どちらにしても「はれのひ」とは一切関係がないというので、お気の毒な話です。。

はれのひ被害者のためにキンコンの西野さんがたちあげた企画の記事はこちら↓↓↓↓



/* i2iの解析コード  */