原宿の男性警部が拳銃自殺した理由がヤバい!竹下通りの暴走車事件関与か

原宿の男性警部が拳銃自殺したという驚きの事件です。

自殺があったのは警視庁原宿警察署。36歳の男性警部補が頭から血を流して倒れているのが見つかり、死亡しているのが見つかりました。拳銃による自殺のようです。新年早々、自殺の動機は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



事件概要

2019年1月2日午後10時すぎに事件は起きてしまいました。日テレほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

2日午後10時すぎ、原宿警察署の地下1階にある倉庫で、交通課に勤務する中野和男警部補が頭から血を流して、うつぶせに倒れているのが見つかった。中野警部補は病院に運ばれたが、その後、死亡が確認された。警視庁によると、中野警部補の右手付近には支給されている拳銃があり、1発、発射された状態だったという。 中野警部補は大みそかから元日にかけて、初詣に伴う混雑警戒の勤務についていたが、元日未明には暴走した車が8人をひく事件が起きていた。

出典;日テレ

男性警部補の顔やSNSなど詳細

こちらが男性警部補のプロフィールです。

名前:中野和男
年齢:36歳
住所:不明
職業:警察官 警視庁原宿警察署勤務

中野和男警部補は警視庁原宿警察署に勤務し、拳銃による自殺をしたとみられている人物です。

報道では中野和男警部補の顔写真は公開されていません。

出典;日テレ


自殺現場の場所

自殺現場は原宿警察署の地下1階にある倉庫です。

報道で公開された現場写真はこちら。

グーグルマップによると、下記のあたりのようです。

勤務先である原宿警察署で、一体なにがあったのでしょうか。。

自殺の原因は?

自殺の原因は一体何だったのでしょうか。

元日未明には暴走した車が8人をひく事件が起きていましたが、そのことが何か関与しているのでしょうか。

中野警部補は大みそかから元日にかけて、初詣に伴う混雑警戒の勤務についていたが、元日未明には暴走した車が8人をひく事件が起きていた。

出典;日テレ

拳銃自殺を図ったものとみられているが、これまでに遺書などは見つかっていないもようです。

自殺の経緯

  • 12月31日から1日にかけ、明治神宮周辺で交通規制に当たる
  • 2日午前8時半ごろに出勤
  • 2日午後9時ごろに休憩に入った後、姿が見えなくなる
  • 午後10時すぎ、倉庫内でうつぶせの状態で倒れているのがみつかる

拳銃は警部補に割り当てられたものであり、発見時、倉庫は内側から施錠されていたということです。

ネットの声

匿名
定期的に警察関係者の拳銃自殺があるが、やはり拳銃は衝動的な行動に繋がりやすい。準備が全く必要無いのは大きい。
匿名
これ、暴走事件とかかわりないのかな。例えばだけど、警備上のことで署長になじられたとか。
匿名
これ、竹下通りの件でパワハラの末のことなんじゃね? 警備が甘いから事件が起こったとか言われて。
匿名
え?自責の念に駆られて?
匿名
36にもなって自殺って、病んでたとしか思えん。アホの暴走事件は引き金かも知らんが、原因ではないだろうなぁ。
出典;yahooニュースコメント欄

考察

当時、中野警部補は宿直勤務の休憩時間中のようで、中野警部補は大みそかから正月にかけて原宿周辺の交通対策を行っていたようです。

ネット上には、竹下通りの事件の件で、自責の念にかられての自殺かという声もみられました。それが定かかはわかりませんが、新年早々悲しい自殺が起きてしまったことに変わりはありません。。

ショッキングな事件なだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */