【火事/広島】江田島市能美町鹿川で火災!理由は?「3人の遺体」(2018年4月19日)

火事

広島県で火事のニュースです。

火事が起きたのは広島県江田島市能美町鹿川。午前1時ごろ、深夜に火がのぼりました。近隣住民の驚きの声があがっています。火事の理由は一体なんだったのでしょうか。詳細を見ていきましょう。



火災日時と火災現場

火災日時:2018年4月19日
火災現場:広島県江田島市能美町鹿川

19日午前1時ごろ、広島県江田島市能美町鹿川で「家が燃えている」と周辺の住民から119番があった。江田島署によると、無職小国昭二さん(73)方が全焼し、焼け跡から3人の遺体が見つかった。小国さんと、同居する40代の娘、10代の孫の男性と連絡が取れておらず、同署が遺体の身元確認を進める。

 隣の会社員(53)方も全焼したが、けが人はいない。

 小国さん方は3人暮らし。近所の住民によると、小国さんは数年前から体が不自由になり、娘が介護を続けていた。外出することはほとんどなかったという。

西日本新聞より引用



現地の声

火災の理由

民家が全焼ということは分かっているものの火災理由ははっきりとしていません。隣の家も全焼しているようです。遺体3体は小国昭二、40代娘さん、10代お孫さんのものでしょうか。。小国昭二はお体が不自由だったことから、逃げることが困難だったのかもしれませんね。

真相が分かり次第追記していきます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

/* i2iの解析コード  */