【驚愕】裸にダウンジャケットが正解!?最も威力が発揮される温まる着方と話題に…

ダウンジャケット

ダウンジャケット正しい着方をみんな知らなかったと話題になっています。

まじかよとびっくりの正しい着方とは…



ダウンジャケットの正しい着用法が話題

風の強い寒空の下。。

ヒートテックを着て、カイロを携えて、セーターを着て、仕上げにダウンジャケットを羽織ったらもう無敵!!

ダウンジャケットは冬に大活躍のマストバイアイテムですよね。

ユニクロの薄手なのに暖かいウルトラライトダウンは今年も売れ行きが良さそうです。

そんなダウンジャケット。
実はみんな正しい着用ができていないと話題になっています。

ダウンジャケットの正しい着方とは一体・・・

実は裸オンダウンジャケットが最強

結論からいうと、裸にダウンジャケットが最強ということ。

え?どういうこと??

理屈を説明すると、ジャケットの中には羽毛が入っています。

この羽毛、体温に反応して羽が膨らみ、その膨らんだ羽が多くの空気を蓄え、断熱層を作り熱を保存するのです。

ですので、熱源となる体温から距離ができるほど、せっかくの威力が発揮できなくなってしまうんですね。

なので、極論ですが、真っ裸のうえにダウンジャケットを着ると、羽がこれでもかと膨らんで一番温まるという理論に。

もしあなたが、ウィンタースポーツをしているところにコースからはずれ、雪山のとある人気のないコテージで遭難するといった漫画みたいなシチュエーションに陥ったとしたら、この真っ裸のうえにダウンジャケットを着るという作戦で暖をとってみてはいかがでしょうか。

一番最小の衣類で効率良く暖かくなりますよ!



羽毛布団と毛布の順番、間違えてない?

その要領で、もちろん羽毛布団と毛布の順番も大事です。

人肌の近くに羽毛布団で熱源を確保し、その上に毛布をかけてその熱を逃がさないようにすると効率良く暖がとれます。

人肌の近くにぬくぬくの肌ざわりのいい毛布をおきたいんだー!という人ももちろんお気持ちはわかりますし、それでもいいんですよ!笑

効率よく暖がとりたいなら羽毛布団を肌の近くにおいてみてもいいかもしれませんね。

普段はダウンジャケットはどう着たらいいの?

まぁでも、裸onダウンジャケットを普段から実践していたら変態さん扱いされてしまいますよね。
ダウンジャケットの中にもこもこのセーターを着てしまうとせっかくの羽毛が威力を発揮しないから、中身は薄手にしようという考えを頭の片隅においておけばいいかもしれません。

薄手のインナーといえばみんな大好きヒートテック

ヒートテックの危険性についてまとめた記事はこちら↓↓↓↓



/* i2iの解析コード  */