【カスタマーハラスメント】「お客様は神様だけどお前は客じゃねえ」悪質クレーム見分ける基準は?

今「カスタマーハラスメント」が話題です。

「お客様は神様だ」と大義名分を掲げ、悪質なクレームをいれる客は大勢いるようで、「わたしも困ってる!」「もっと広めて!」といった声がネットで多くあがっているようです。詳細をみてみましょう。



カスタマーハラスメントとは

悪質なクレーマーの特徴としては、「お客様は神さまだぞ!」「金を払っているのはこっちだ!」などお金を払っている側、つまりお客さん側の立場が上だと勘違いしている残念な人のことです。

悪質クレーム見分ける基準は

<悪質なクレームの一例>

  • 欠陥商品より高額な賠償請求をする
  • 土下座の強要をする
  • 従業員の解雇要求をする


ネットの声

まとめ

普段自分がぺこぺこしている人ほど客側になった途端にふんぞり返るという例もよく聞きます。

勘違い客にならないよう注意したいですし、認知度が高まって変な客層が減っていくといいですね。



/* i2iの解析コード  */