【事件/千葉】中絶の死産胎児を押入れに!少年少女が望まぬ妊娠を隠蔽!?

赤ちゃん

中絶した赤ちゃんを押入れに隠したようです。

逮捕されたのは千葉の少年(17)と交際相手の少女(16)。共謀し、少年らが住んでいた千葉市内の自宅の押し入れの中に、死産した胎児1人の遺体を段ボールに入れて隠していた容疑です。犯行の動機は望まぬ妊娠でしょうか。。詳細を見ていきましょう。



事件概要

死産胎児の遺体は死後、かなりの時間がたってからの発見だったようです。

死産した胎児を自宅の押し入れの中に隠していたとして、千葉県警が25日までに、死体遺棄容疑で少年(17)と交際相手の少女(16)を逮捕したことが分かった。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、少年らは共謀し、少年らが住んでいた千葉市内の自宅の押し入れの中に、死産した胎児1人の遺体を段ボールに入れて隠していたとしている。胎児は、少女が妊娠中に破水するなど、成長した状態だった。遺体は死後、かなり時間がたった状態で発見されたという。

 捜査関係者によると、少年らが何らかの方法で中絶を試みた可能性もあるとみて、胎児の死因を詳しく調べる。県警は殺人や保護責任者遺棄致死などの疑いもあるとみて、捜査を進める方針。

出典;産経新聞

犯行現場の場所

犯行現場は少年らが住んでいた千葉市内の自宅です。

情報がもう少し出ましたら追記していきます。



少年少女の顔やSNSなど詳細

少年
名前:不明
年齢:17才
住所:千葉県千葉市
職業:不明

少女
名前:不明
年齢:16才
住所:不明
職業:不明

報道では少年少女の顔写真は公開されていません。

もし少年少女のSNSアカウントがあれば、交際から妊娠にかけての様子が伺えるような投稿があったかもしれませんね。

考察

若い二人が好きあった結果、望まぬ妊娠をしたようです。

まずは根本的に避妊の性の知識をしっかりと理解しておらず、甘く考えていたのではないでしょうか。

ふたりは同棲しているようですが、妊娠が発覚した当時、相談できる親御さんや大人はいなかったのか。。

ダンボールにいれて押入れに隠したということですが、親の責任として供養してあげることができなかったのは悲しいことですね。。

責任を果たせない子供が親になってしまうという事件があとを絶たないだけに、まだまだ波紋を呼びそうです。

真相が明らかになり次第こちらに追記していきます。



/* i2iの解析コード  */