【防災ヘリ墜落?/群馬】「はるな」草津白根山付近で消息不明…理由は?「9人おちた?」

群馬で防災ヘリが消息不明のニュースです。

防災ヘリが消息不明になったのは群馬県草津町の草津白根山付近の上空。理由は一体なんだったのでしょうか。乗っていた9人の安否が気になります。。詳細を見ていきましょう。



事件日時と現場

日時:2018年8月10日 午前10時ごろ
現場:群馬県草津町の草津白根山付近

事件詳細

10日午前10時ごろに県防災ヘリコプター「はるな」が行方不明になったことを、毎日新聞など報道各社が報じて騒然となりました。

 10日午前10時ごろ、群馬県草津町の草津白根山付近の上空で、県防災ヘリコプター「はるな」が行方不明になった。県によると、ヘリには航空隊員や消防署員ら計9人が乗っている。県などが上空から捜索している。県によると、ヘリは11日開通予定の群馬、新潟、長野県の稜線を結ぶ「ぐんま県境稜線トレイル」の視察のため飛行していた。10日午前9時15分に前橋市内のヘリポートを航空隊員4人を乗せ出発。午前9時35分に長野原町の西吾妻福祉病院のヘリポートで地元消防署員5人が加わり離陸した。午前10時25分に病院に戻ってくる予定だったが、草津白根山付近の上空で交信が途絶えたという。

出典:毎日新聞

防災ヘリ「はるな」とは

防災ヘリコプター「はるな」は下記のようなヘリコプターです。



ネットの声

ネットでも心配の声が。。

消息不明の理由

防災ヘリ「はるな」の消息不明の理由ははっきりとしていません。天候のこともあり、心配するネットの声が多数みられました。。

11日、「山の日」で開通する予定だった白根山の稜線(りょうせん)の安全確認をするため飛行していたということです。機体はまだ発見されておらず、現在、警察や消防などが捜索を続けています。

真相が分かり次第追記していきます。

追記:機体破片近くで8人発見

空自のヘリコプターが10日午後、群馬と長野の県境の山中で、群馬県の防災ヘリの機体とみられる残骸を発見したようです。

群馬県の防災ヘリとみられる残骸の周辺で、乗員とみられる8人が見つかりました。

容体は不明のようです。



/* i2iの解析コード  */