AKBは古い?乃木坂・欅坂はAKB超えで可愛いとの評価がCM本数のシフトで赤裸々に…

乃木坂はAKBのことをライバルだと思っていない

AKB48の人気が落ち、乃木坂46・欅坂46の需要がCMで現れていると話題になりました。

AKBと妹グループの世代交代はなぜ行われたのでしょうか…



2016年からAKB48のCM需要はガタ落ち

「ニホンモニターが定期的に発表している『タレントCM起用社数ランキング』という調査があります。2011年には19社に起用された大島優子がランキング1位で“CM女王”となり、翌12年には板野友美と篠田麻里子が揃って20社でトップだった。それ以下の位置にも、メンバーがランキング入りしていたのです。ところが15年にHKT48の指原莉乃、卒業していましたが大島優子が共に10社のCMに起用されたのを最後に、16年のランキングからはAKB勢が姿を消してしまっていたのです」
出典;デイリー新潮

確かに一時はCMでよく見かけたAKB48ですが、最近はぱったり見なくなってしまいました。

AKB48は2017年のCMの本数は0本

AKB48、実は今年のCM本数は0本なのです。
対して乃木坂46は12本

圧倒的な差が数字で出てしましました。。



AKB48が全盛期のCM

2011年カゴメ「AKB48野菜シスターズ」

 

maroさん(@maata22h7)がシェアした投稿

AKBの大人数で起用されていて、
衣装もとりどりで話題になりましたね。
このころは前田敦子や大島優子が大人気で、フレッシュさが全面にありました。

2014年アサヒ飲料「WONDAモーニングショット」

渡辺麻友さん、横山由依さん、木崎ゆりあさん、柏木由紀さんなどが起用され、全国のサラリーマンの朝を応援していましたね。

乃木坂46のCM

「明治エッセルスーパーカップSweet’s」

 

りっぴさん(@skmc_46)がシェアした投稿

「バイトル」

なぜAKBより「坂道」が起用されるか

もちろんどちらも可愛いですが、AKBはお茶の間に定着しすぎてしまいました。

一方乃木坂46や欅坂46だと、「あの子かわいいね、誰だろう?」と興味をもってもらえるフレッシュさがあります。

AKBよりも「坂道」を企業は注目しているのは新鮮味が大きそうですね。

AKB48は最近渡辺麻友が卒業したばかり。
AKB48の最盛期の主要メンバーはほぼほぼいなくなってしまいました。
これからの盛り返しに注目です。



/* i2iの解析コード  */